« 青少年をたぶらかすな⑵ | トップページ | 小学生パワー恐るべし »

2009年4月27日 (月)

米政権交替の成果か

チェルノブイリ原発事故から4月26日で23年目。きょうになって米国オバマ政権は⑴再処理施設を建設しない、⑵高速増殖炉を断念、⑶ユッカマウンテン処分場を中止するという吉報がとびこんできた。

この国でも政権交替を実現させ、原子力政策を見直す気運が盛り上がればいいが・・・
再処理をあきらめれば、プルサーマルも消滅する、高レベル放射性廃棄物も生じないのだから。

Ookikaigan_2
■米国に核燃料再処理施設建設せず/4月21日/47ニュース(高知新聞は27日付)
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042101000166.html
■オバマ政権、核再処理凍結を堅持/4月21日/毎日新聞
http://mainichi.jp/select/world/news/20090422dde007020008000c.html


|

« 青少年をたぶらかすな⑵ | トップページ | 小学生パワー恐るべし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/29318021

この記事へのトラックバック一覧です: 米政権交替の成果か:

« 青少年をたぶらかすな⑵ | トップページ | 小学生パワー恐るべし »