« 止まらなかった原爆つくり | トップページ | 原発は地球を救わない »

2008年8月10日 (日)

長崎市の平和記念式典

63年前の8月9日、当時「東洋一」といわれた浦上天主堂はじめ長崎市一帯は、プルトニウム型爆弾で放射能汚染され、粉々になってしまった。
■長崎平和宣言
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/abm/heiwasengen/sengen_j.htm
■被爆63周年原爆犠牲者慰霊平和祈念式典
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/gentai/irei_tuitou/sikiten63/shikiten63.html

Ookikaigan


《写真は大岐海岸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 止まらなかった原爆つくり | トップページ | 原発は地球を救わない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/22997318

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市の平和記念式典:

« 止まらなかった原爆つくり | トップページ | 原発は地球を救わない »