« 勤労者の学びの場の存続を | トップページ | NPT形骸化の恐れ »

2008年8月19日 (火)

more Trees

環境保護関係で、きのうの高知のトップニュースは、何てったってこれです。
■坂本龍一さんが協働の森に協力/NHK高知放送局
http://www.nhk.or.jp/kochi/lnews/
■坂本龍一さんと協定 協働の森づくり/高知新聞
http://www.kochinews.co.jp/
■more Trees
http://www.more-trees.org/blog/
http://www.more-trees.org/

坂本龍一さんは、"ストップロッカショ"運動ばかりか、"more Trees"という団体をつくり、地球のCO2を減らす森林保護運動もなさっています。
きのう坂本龍一さんは、尾崎県知事と2回目の協定をむすぶために高知入りしました。森林資源に恵まれながら、貧しくてじゅうぶんな手入れができない高知県に、これで2回目の森林保護のための資金提供を申し出てくださったのです。

Monobe2【以下転載】
■坂本龍一さんが協働の森に協力/NHK高知放送局

音楽家の坂本龍一さんらが設立した団体が、高知県中土佐町の森林の整備を資金面で支援することになり、18日、坂本さんらが県庁を訪れて協定を結びました。

高知県は民間の企業などから資金面の協力を得て、荒廃した森林を整備する事業に取り組んでいます

このうち中土佐町の森林について、音楽家の坂本龍一さんや細野晴臣さんらが、世界各地の森林の再生を目的に設立した「more Trees」という団体が資金面で支援することになり、18日、県庁で坂本さんが、高知県の尾崎知事らと協定書を交わしました。

「more Trees」は、中土佐町のおよそ70ヘクタールの森林の整備に、3年間で総額1050万円の資金を提供するということです。

more Trees」は、去年、すでに梼原町の森林整備を支援する協定を結んでいて高知県の森林の整備に協力するのは、今回で2回目です。

坂本龍一さんは、「中土佐町では森の再生に欠かせない間伐を進めるために、間伐材の有効利用を支援したい微々たる力だがこうした活動を世界にも広げ、温暖化の加速を食い止めたい」と話しています。

今回の坂本龍一さんらの支援によって、民間の資金で森林を整備する県の事業への協賛金の総額は、およそ2億円となりました。
【転載終わり/下線は転載者】


《写真は物部/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 勤労者の学びの場の存続を | トップページ | NPT形骸化の恐れ »

コメント

けんちゃん、コメントありがとうございます。
カネのためならどんな汚い裏工作をする輩が多いから、契約には、ほんとうに気をつけんといかんねえ。
まあ、高知県の"恊働の森"事業は、所有権を売り渡す事業ではないので、だまして大儲けする・・ということはできないのではないでしょうか?!

投稿: げき | 2008年8月19日 (火) 11時46分

 確かに良いことですがTBさせていただいたような「怪談」がありえるような環境にあります。

 「排出権取引」と言えば聞こえがいいが、足元の県民市民の間伐活動などに目もくれず、大企業の申し入れにほいほいと高知の森林資源を「安売り」し、高知の山を禿山にしてしまうのではないか。

 難しい分野でわからないことが多いのですが、徹底した監視が必要であると思います。

投稿: けんちゃん | 2008年8月19日 (火) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/23073933

この記事へのトラックバック一覧です: more Trees:

» 80万円が1200万円に大化けする話? [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
(高知県の森林化率は82%を超えます。仁淀川町は90%を超えています。)  猛暑 [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 07時47分

» 大飯原発3号機 1次冷却水配管に想定上回るひび [政治]
どうして大きなニュースにならないのだろうか。1次冷却水配管の破裂を今後いつも身近に感じなければならないのかと考えると私には物凄いストレスです。 大飯原発3号機 1次冷却水配管に想定上回るひび 8月16日3時2分配信... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 12時58分

« 勤労者の学びの場の存続を | トップページ | NPT形骸化の恐れ »