« 若者が内部被曝 | トップページ | 『14歳』 »

2008年7月12日 (土)

戦争をしない国に生きる権利

きょう午後、高知市内で「イラク空自は違憲」の判決を勝ちとった、自衛隊イラク派兵差し止め訴訟弁護団事務局長の報告と講演の会『戦争をしない国に生きる権利を求めて』が開催されます。
■自衛隊イラク派兵差し止め訴訟の会
http://www.haheisashidome.jp/

Dscn0468【以下転載】
■戦争をしない国に生きる権利を求めて
〜「イラク空自は違憲」名古屋高裁歴史的判決の意味〜

イラク戦争から5年。
2008年4月17日、名古屋高等裁判所は、イラクにおける航空自衛隊の空輸活動を違憲とする判決を言い渡しました。
判決は、憲法が保障する「平和的生存権」にも言及しています。
自衛隊イラク派兵差し止め訴訟での今回の判決の意義と、これから私たちはどうすべきか、一緒に考えましょう。

■とき:7月12日(土)
   13:30〜DVD「イラク 戦場からの告発」上映
   14:00〜16:00講演・報告
■ところ:高知県立高知女子大・短期大学251講義室(高知市永国寺町)
■講演・報告者:川口 創 弁護士(自衛隊イラク派兵差し止め訴訟弁護団事務局長)ほか、4月17日の判決を傍聴した高知原告のメンバー
■資料代:500円(判決文冊子含む)
■主催:自衛隊イラク派兵差し止め訴訟高知原告&支援者の会/ピースライブ イン こうち/高知平和を願う市民有志/2008年ピースウェイブ in 高知 実行委員会
■問い合わせ・連絡先:平和資料館 草の家(高知市升形9−11 Tel:088-875-1275)
【転載終わり/下線は転載者】


《写真は"隅田の花火"/げき撮影》

|

« 若者が内部被曝 | トップページ | 『14歳』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/22227887

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争をしない国に生きる権利:

« 若者が内部被曝 | トップページ | 『14歳』 »