« 原発事故賠償より廃炉に | トップページ | 『ヒロシマナガサキ』上映 »

2008年7月29日 (火)

サクラ異常記者会見

「サクラと環境汚染・放射能汚染」を調べ発表している市民団体は、きょう参議院議員会館で記者会見をするそうです。

広島長崎への原爆投下以降、南太平洋はじめ核実験があいついだうえ、1986年のチェルノブイリ原発事故で、地球環境の放射能汚染は生態系を脅かしつづけています。
これ以上、大気も水も放射能で汚したらいかん!!

たんぽぽ舎からのメールを転載します。

Koutijoukouen7【以下転載】
■7/29サクラ異常記者会見のご案内

新潟県・柏崎刈羽原発付近のサクラ汚染・異変についての重大な内容に関して、サクラ記者会見が下記要領で行われます。

日 時:7月29日(火) 午後3時〜4時 説明4人×10分、質問20分位
会 場:参議院議員会館第6会議室(開場2時30分) (50人室)

内 容

1.柏崎刈羽のサクラの異常・地図と写真・・現地(新潟県)から/近藤ゆき子(刈羽村生命を守る女性の会)
 2.全国のサクラの状況・数字/司会 柳田 真(サクラ調査ネットワーク) 奥田智子(     〃    )
 3.柏崎刈羽原発の事故時の放射能/槌田 敦(元理化学研究所、元名城大学教授)
 4.米国スリーマイル島原発事故での植物の異常/菅井益郎(國學院大教授、市民エネルギー研究所)

  ※資料を用意します(サクラパンフ5集)カラー含む40頁の小冊子。


趣 旨

1.私たちは「サクラと環境汚染・放射能汚染」を調べ発表している市民団体です。相談役は市川定夫(埼玉大名誉教授、遺伝学、ムラサキツユクサ研究)、事務所はたんぽぽ舎(環境市民団体)内にあります。

2.5年間、全国各地で「サクラと環境、原発」を調査してきましたところ、今年、新潟柏崎刈羽原発周辺で「サクラの大異常」が発見されました。サクラの正常形は花ビラ5枚、ガク5枚ですが、そうでないものが多数みつかったのです。
それは、花ビラの変形、重なり、矮小化、花ビラ4枚や6枚、ガクの異常などなど・・・。
変形の数量は、昨年は5本の木、4609花を調べて異常は143、異常花率は3.1%でしたが、今年は4本の木、4000花を調べて、異常は912、異常花率は22.8%とグーンとはね上がりました。全国平均は2.89%です。

3.5年間、全国を調べて、今年、新潟柏崎刈羽のみが異常に高い異変サクラを検出した原因は何でしょうかサクラの芽が育つといわれている昨年の6月〜8月頃のできごととしては、新潟県中越沖地震と柏崎刈羽原発の重大事故(火災、放射能放出)があります。東京電力の発表でも通常時を上まわる、かなり大量の放射能(ヨウ素など)を出しました。
サクラの大異変と原発事故との関連を考えざるをえません

4.記者会見では、柏崎刈羽から、調査された方が写真をもって上京され、発言されます。私どもサクラ調査ネットワークが、全国の数字と市民調査の意義を述べ、2人の学者が柏崎刈羽原発の放射能の放出と米国スリーマイル原発事故の時の植物の異常発生(写真あり)を述べます

5.詳細は記者会見でご説明します。そのさい、写真、地図、資料集を用意します。

6.日本を代表するサクラの大異常と地震で傷ついた原発の放射能との関連、という重大な発表になると思います。ぜひとも取材していただけるよう、お願いいたします。

主催:「サクラ調査ネットワーク」
連絡先:たんぽぽ舎 記者会見・連絡担当 柳田 真
 03−3238−9035(午後)
【転載終わり/下線は転載者】


《写真は高知城公園内/げき撮影》

|

« 原発事故賠償より廃炉に | トップページ | 『ヒロシマナガサキ』上映 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/22585283

この記事へのトラックバック一覧です: サクラ異常記者会見:

« 原発事故賠償より廃炉に | トップページ | 『ヒロシマナガサキ』上映 »