« 原発増設は温暖化促進 | トップページ | この国の官僚の認識 »

2008年6月11日 (水)

「青森宣言」の誤謬

11カ国のエネルギー相が集った会議で「世界は新たな原子力の時代に突入した」との見方で「青森宣言」が採択されたという。
■G8「世界は原子力時代に突入」、原油高や地球温暖化が背景に/6月9日AFP
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2402785/3013942

きのうも書いたけど、原子力の問題は山積していて、とりわけ生態系とは共存できない超毒物/核廃を増やし続けていいのでしょうか
5月神戸での環境相会議では「廃棄物削減へ行動計画」をうちだしていましたよね。世界の"リーダーたち"の論理矛盾には辟易とします。
彼らには、地球の未来を描く力はないのでしょうか、利権だけなのでしょうか・・・

Hamanoprokumo【以下転載】
■G8「世界は原子力時代に突入」、原油高や地球温暖化が背景に/6月9日AFP

 主要8か国(G8)に中国、インド、韓国を加えた11か国のエネルギー相は、8日採択した「青森宣言」で、原油価格の高騰や地球温暖化の懸念が高まるなか世界は新たな原子力の時代に突入したとの見方を打ち出した

 青森宣言は、多くの国が原子力発電の推進に関心を示している点に言及した。

 英国のジョン・ハットン(John Hutton)民間企業・規制改革担当相は、「世界は新たな原子力の時代に向かっている」と述べるとともに、原発は温暖化の原因である二酸化炭素をほとんど排出せず、安定的なエネルギー供給を実現する「世界にとって好ましいもの」だとの認識を示した。

 原油価格が2003年水準の5倍に急騰している現状で、米、カナダ、イタリアの3か国は原発建設の再開を決めている。カナダのギャリー・ルン(Gary Lunn)天然資源相は、原発は「今後、非常に重要な役割を担う」との見通しを示した。

 ただ、ドイツだけはこうした動きに距離を置いており、2000年に当時の与党、緑の党(Green party)が掲げた公約に従ってすべての原発を閉鎖する方針を示している。
【転載終わり】


《写真は大岐の浜/岡田充弘さん撮影》

|

« 原発増設は温暖化促進 | トップページ | この国の官僚の認識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/21547538

この記事へのトラックバック一覧です: 「青森宣言」の誤謬:

« 原発増設は温暖化促進 | トップページ | この国の官僚の認識 »