« 出稼ぎ労働者の人権裁判『わが道』上映迫る | トップページ | 宿毛港にまたイージス艦 »

2008年5月 8日 (木)

伊方老朽原発の休止を

愛媛県伊方原発1号基は、1977年9月30日に運転開始、当初の耐用年数30年を超えてしまった老朽原発です。
その伊方原発1号基のあいつぐ不備について、愛媛県議が愛媛県に申し入れをしました。
■伊方原発:佐々木県議、加熱器溶接割れで申し入れ/毎日愛媛5月2日
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20080502ddlk38040466000c.html
■伊方原発:1号機蒸気噴出口3個に、割れ新たに5カ所 /毎日愛媛5月8日
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20080508ddlk38040665000c.html

Tokeisou2【以下転載】
■伊方原発:佐々木県議、加熱器溶接割れで申し入れ/5月2日毎日愛媛

 四国電力伊方原発1号機(伊方町、加圧水型軽水炉、出力56万6000キロワット)で発生した湿分分離加熱器の溶接割れについて、佐々木泉県議(共産)は1日、県に書面で「伊方原発の加熱器異常についての申し入れ」を行った。

 申入書は、05~06年に伊方1、2号機の同加熱器が神戸製鋼製に変更されて以来、溶接割れが4回相次いだことを重視し「原因徹底糾明と再発防止を誓ったのは何だったのか」と指摘。対策を四電任せにしてきたとして、県の積極的関与と原発に批判的な研究者を加えた県独自の調査体制づくり同原発のプルサーマルと寿命延長を中止し安全運転対策や震災対策を県民に公開すること--を求めている。

■伊方原発:1号機蒸気噴出口3個に、割れ新たに5カ所 /毎日愛媛5月8日

 定期検査中の四国電力伊方原発1号機(伊方町、加圧水型軽水炉、出力56万6000キロワット)湿分分離加熱器の蒸気噴出口溶接部に割れが見つかった問題で、県は7日、その後の同社の調べで新たに3個の蒸気噴出口に計5カ所の割れが見つかったと発表した。

 1号機には湿分分離加熱器がAからDまで4台あり、それぞれ内部の天板(上下仕切り)に20個の蒸気噴出口がある。これまでに割れが見つかった加熱器Aで、今回新たに別の噴出口1個に2カ所の割れが見つかり、加熱器Bの噴出口1個に2カ所、加熱器Cの噴出口1個に1カ所の計5カ所で14センチから5ミリ大の割れが見つかった。

 同社は計3個の噴出口をメーカーに送って詳細に調べるとともに、引き続き各加熱器の溶接部総点検を続ける。
【転載終わり/下線は転載者】


《写真は時計草/げき撮影》

|

« 出稼ぎ労働者の人権裁判『わが道』上映迫る | トップページ | 宿毛港にまたイージス艦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/20810262

この記事へのトラックバック一覧です: 伊方老朽原発の休止を:

« 出稼ぎ労働者の人権裁判『わが道』上映迫る | トップページ | 宿毛港にまたイージス艦 »