« 伊方老朽原発停止を県に | トップページ | 憲法九条と地球市民 »

2008年5月19日 (月)

四川地震とチベットの核

身の毛もよだつ、怖い情報がとびこんできました。

中国政府は半世紀以上にわたって、チベット人民の宗教的自由や文化を抑圧してきました。さらに、四川省での巨大地震で明らかになったように、チベット族が多く住む、四川省など地震多発地帯において何ら地震対策をしてこなかったばかりか、何と、こうしたチベット族居住地区へ、核施設や核廃や被曝労働を押しつけてきました。

旧ソ連、チェリャビンスクでの核汚染同様、無知な核廃投棄があったようです。
■チベットの核/ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.tibethouse.jp/atomic/index.html

四川省にも、原発震災の危険があったことが、やっと報道され始めました。
■巨大地震と核関連施設
http://www.youneeds.com/xfiles/project_y/ecorogy/energie/world_nuclear_site/cina-sinsen-menyohcity.html
■四川省の核製造施設と原子炉は地震に耐えた
http://www.melma.com/backnumber_45206_4097943/

Photo【以下抜粋転載】
■チベットの核/ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

すべての生命体を破壊し、私たちの美しい緑の惑星を不毛な死の地に変えてしまう核兵器は、仏教の教えに相反するものである。核兵器を使用すれば、生あるものは無差別的に殺戮され、数千年もの間、その影響は残ってしまう。そのためチベット人は、平和を愛する精神を育んだ母国が、中国占領下で核兵器の貯蔵庫や核廃棄物の投棄場となっていることが報じられるたびに、大きな動揺を憶えずにはいられない。

□第9学会
中国の北西核兵器研究設計学会(第9学会)は、海抜3030メートルに位置し、ココノール湖の東から約16キロメートル離れた分水嶺にあるため、その排出液はツァン・チュ川へと注がれるこの支流はやがて黄河に合流する。70年代後半には、高濃度ウラニウム燃料の再処理実験が実施されるようになった。

廃棄した放射性廃棄物には、固体、気体のみならず、懸濁液として処理されたものもあるが、その量はいまだに不明である。そもそも廃棄物の処理自体がきちんと管理されておらず、記録状況も最悪であった

中国国営新華社通信は、95年7月20日付けで、「第9学会は87年に閉鎖され、その拠点はチベット東部の四川省の用地に移転された」と報道した。

□放射性廃棄物
93年の人権世界会議でのウィーン宣言では、「毒物および危険物質の不法投棄は、人類の人権、生命、そして健康を脅かす重大な問題となりうる」という内容が明確に打ち出された。

84年2月18日、「ワシントン・ポスト」は、中国が60億米ドルと引き換えに、ヨーロッパの原子炉の4千トンもの放射性廃棄物を、遠隔地であるゴビ砂漠に保管することに一応の合意を示したことを報じた。88年の秋、チベット人の間で、西欧諸国が核廃棄場としてチベットを利用するかもしれないというニュースが駆け巡った。チベット人の精神的、政治的指導者であるダライ・ラマ法王は、中国政府が海外の核廃棄物をチベットに投棄する計画があることを示す署名入りの書類が存在することを明らかにしている。

チベットは、「少数民族」がまばらに居住しているところで北京からも離れているため、中国人の考え方に従うと、「核廃棄物を投棄するには最適な場所」ということになってしまう。

□ウラニウム鉱山
チベット内のウラニウム鉱山は、ダムシュン(Damshung)、ラサ北部、ツァイダム盆地、ゴルムド北部、ヤムドク湖周辺、そして南アムドなど複数の地域に存在する。甘粛省甘南チベット族自治州区州のテオ(Thewo )にあるウラニウム鉱床は、チベットで最大のものとして知られている。ウラニウムの処理施設は テオの南西四キロに位置する。

亡命政府に届いた情報の中に、謎の死を遂げたテオの住民24人の名簿が含まれている。目撃者によると、彼らはみな高熱を出し、そのあとで震えるような寒さを訴えて死んだそうである。また、死体は青く変色していたという。

□服役者の核施設での労働
1960年代、1970年代に、政治犯を含む服役者たちが、中国の基本的な核施設を建設するのに駆り出された。アムド(青海省) にある複数の巨大な強制労働収容所は、必ず核ミサイル用地に隣接している

「アムドにある労働更正施設では、服役者が放射能を帯びた鉱石を採掘させられていた。服役者たちは核実験用地へ強制的に送り込まれ、危険な作業をさせられていた」

地球の聖地であるチベット高原を、核のホロコーストから守らなければならない。この責任は、中国政府、チベット人、そして国際社会が平等に負うべきである。手遅れになる前に立ちあがらなくてはならない


■四川省の核製造施設と原子炉は地震に耐えた

四川省地震で、米国の軍事関係者がもっとも懸念したのは、中国版ロスアラモスと言われる核兵器製造施設がどうなったか、だった。5月16日午後4時段階で、放射能漏れはない、と重要情報をリークした。

プラントの暗号名は「821」と呼ばれ、密林を開拓して広大な土地に原子炉が立てられている(燃料はプルトニウム型)。

ともかく米国の専門家がリークした現段階の情報では、四川省の核製造施設と原子炉は地震に耐えたようである。
【転載終わり/下線は転載者】


《写真は今年最後の芍薬の花/げき撮影》

|

« 伊方老朽原発停止を県に | トップページ | 憲法九条と地球市民 »

コメント

モルダー龍馬さん、いつも情報をありがとうございます。
さっそく、記事にしました。

投稿: げき | 2008年5月27日 (火) 10時02分

一時は日本の救援隊の派遣予定地だった青川県のある
四川省北東部・広元市三堆の核施設(コードネーム821工場)に
大量のコンクリートが運び込まれたとの報道!
中国政府、報道取材行為に対しては厳戒態勢!
以下、高知新聞記事他
http://www.youneeds.com/xfiles/project_y/ecorogy/energie/world_nuclear_site/Cjina-SisenEearthquakeNuclear_KochiNewspaper080526.html

第三者ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/kim123hiro

投稿: モルダー龍馬 | 2008年5月26日 (月) 16時42分

 チベットの核の情報がようやく漏れ伝えて来ました。大地震で本当に大丈夫なのか?あそこには核廃棄物施設もあると思いますし。

 中国当局も外国の報道陣を国内に入れました。徐々に真相は明らかになるでしょう。

投稿: けんちゃん | 2008年5月21日 (水) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/20991572

この記事へのトラックバック一覧です: 四川地震とチベットの核:

« 伊方老朽原発停止を県に | トップページ | 憲法九条と地球市民 »