« 『アレクセイと泉』上映と写真展 | トップページ | もんじゅの維持費 »

2008年4月27日 (日)

青森を最終処分地にしない

海外で再処理した高レベル放射性廃棄物と、全国55基原発からの使用済核燃料が集まっている青森県に対して、国は「最終処分地にしない」と確約しました。
原発を止めないかぎり増え続ける放射性毒物(死の灰)を、国はいったいどうするつもりでしょうか・・・

■青森県 最終処分地とせず/NHK(映像あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014229641000.html
■「最終処分地にしない」国が青森県に確約/デーリー東北新聞社
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/2008/04/26/new0804260902.htm
■高レベル放射性廃棄物、青森を最終処分地にせず 国が確約/アサヒ・コム
http://www.asahi.com/national/update/0425/TKY200804250151.html

Ookinohama1【以下引用】
■青森県 最終処分地とせず/NHK

青森県六ヶ所村で保管されている高レベルの放射性廃棄物について、甘利経済産業大臣は、25日、青森県を最終処分地としないとする「確約書」を青森県の三村知事に手渡しました。

確約書は、25日朝、経済産業省を訪れた青森県の三村知事に甘利大臣が手渡しました。確約書では、青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地にしないことと、処分場を早く決めるために不退転の決意で取り組むことなどを約束しています。受け取った三村知事は、甘利大臣に「文書で約束をいただいたことは県民の安心にもつながっていくと思います」と述べました。

原子力発電所の使用済み核燃料を再処理して出る高レベル放射性廃棄物は、青森県の六ヶ所村で一時的に保管されたあと、地中深く埋めて最終処分されることになっていますが、処分場所は決まっていません。

これまでも、青森県を最終処分地にしないことは国と県との間で確認しあってきましたが、六ヶ所村に作られた再処理工場の本格的な操業が近づくなかで、三村知事は、このまま処分地が見つからなければ青森県が事実上の処分地になりかねないとして、あらためて国に「確約書」を求めていました。会談のあと、三村知事は「確約書は国の明確かつ明快な約束だ。確実に守られると思う」と話していました。
【引用終わり/下線は引用者】


《写真は大岐の浜/岡田充弘さん撮影》

|

« 『アレクセイと泉』上映と写真展 | トップページ | もんじゅの維持費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/20594715

この記事へのトラックバック一覧です: 青森を最終処分地にしない:

« 『アレクセイと泉』上映と写真展 | トップページ | もんじゅの維持費 »