« チェルノブイリ原発事故を風化させない | トップページ | イスラエルロビーの支配 »

2008年4月23日 (水)

危険な話

きのう、高知市内で出会った高校生たち10数人に「チェルノブイリ原発事故って聞いたことある?」と尋ねてみました。意外にも、半数近くが「知ってます」「聞いたことはあります」と答えてくれました。プイと無視した高校生もいましたが・・・

チェルノブイリ原発事故から22年が経とうとする今、あらためて、広瀬隆さんが全国で続けた講演の記録『危険な話/チェルノブイリと日本の運命』を読み直しています。
当時、ソ連は事故の事実を国民はおろか世界に対しても発表せず、事故から3日経った4月29日になって、日本の新聞は「ソ連で原発事故か」「北欧に強い放射能」「大気からコバルト検出」と報道したのです。

原子力のもたらす事故の大きさは、地球環境と人類の脅威であるにもかかわらず、情報が広く共有されない理由の背景を、広瀬さんは深く追求なさいました。
■広瀬隆『危険な話』八月書館1987/『新 危険な話』新潮文庫1989

Shimanto2【以下引用】
■チェルノブイリで何が起こったか

・・・ウクライナの穀倉地帯といっても、チェルノブイリから南へ130キロほどのキエフという街は、もともとロシア民族が最初に建設した国家があったということから分かるように、このあたりが民族にとっても、一番肥沃で重要な地帯でありますそのど真ん中で、世界で最大の、史上最悪の危険な事故が起こってしまったわけです。

チェルノブイリは世界でもっとも安全な原子炉として注目され、ソ連が大いなる誇りとしてきたものです。

その立派なチェルノブイリが爆発で吹き飛んでしまい、・・・
200種類を超える死の灰が、低く見積もっても10億キューリー前後は噴出してしまった・・・

■原子力産業とジャーナリズムの正体

たいへんな事実がなぜ隠され、誰がマスコミの口封じをしているのか。・・これがエネルギー問題や平和利用でないことは、人間と金の流れを追えばすぐに分かります。・・・

東西対立だのSDIだのと騒ぎながら、肝心の核兵器の原料が、西側から東側へ運ばれ・・、東西対立などはウソではないかと感じました。アメリカとソ連が頂点に立って、それぞれ小国を支配するためのゲームを創作しているのではないか、という推理が成り立ってもおかしくはない。・・・

そこでソ連を調べてみると、案の定、・・西側諸国と堂々と取引をしている。しかも相手が・・モルガン銀行である。・・・

チェルノブイリの事故経過を観察していると・・予期していたとおりの人物が、大事故の収拾に乗り出し、あっと言う間にこの巨大惨事をなんでもないものに鎮静化したのです。・・米ソの仲介役として登場したアーマンド・ハマーという名の男です。・・・

困惑したソ連首脳がハマーの知恵にすがりついた。するとたちまち、国連のなかにあるIAEA(国際原子力機関)が動きだした。ソ連がIAEAの幹部をモスクワに招いて、ウクライナ一帯の放射線量を毎日通報することになったのですが、何と私たちには公開しない。みなさんは国連すなわち国際平和のシンボルと思ってしまうかもしれませんが、とんでもない。

・・広島と長崎に原爆を投下した人間たちが戦後ただちに国連に原子力委員会を設立しました。そのアメリカの原爆独占のために発足したシンジケートから、今日のIAEAが誕生しているのです。・・・

全国どこでも、テレビ局や新聞社が原子力関係者に金融支配されています。
その中心となっているのが・・原子力産業会議で、これがIAEAの下部組織として動いています。・・・

日本人ほどほとんど何も知らされていない国民は世界でも珍しい完全に世界から取り残されている、という状況に置かれているわけです。
【広瀬隆『危険な話』1987 p9〜30, p252〜257, p270 より引用/下線は引用者】


《写真は四万十川/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« チェルノブイリ原発事故を風化させない | トップページ | イスラエルロビーの支配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/20468245

この記事へのトラックバック一覧です: 危険な話:

« チェルノブイリ原発事故を風化させない | トップページ | イスラエルロビーの支配 »