« 小さな町の原子力戦争 | トップページ | 原発の稼働率 »

2008年4月11日 (金)

チベット人民に自由を!

ダライ・ラマ14世は10日、成田空港での会見で「チベットで問題が起きるのは 言論の自由がないからです。これが問題なのです」、チベット人民は「中国政府の強権的なチベット統治に抗議する権利があり、自分には言論による抗議をやめさせる権利はない」として、非暴力の抗議活動を訴えました。

チベット人民の憤懣の爆発は、新生中国誕生の翌年1950年の軍事侵攻以降、半世紀以上にわたって続いてきた抑圧の結果です。
チベット人民に自由を!!

■ダライ・ラマ「チベットに言論の自由ない」/News i-TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3825113.html
■直接対話を求めるメッセージを!/中華人民共和国大使館
info@china-embassy.or.jp

Shimanto6【以下引用】
■ダライ・ラマ「チベットに言論の自由ない」/News i-TBSの動画ニュースサイト

 チベット仏教の最高指導者で、その言動に世界の注目が集まっているダライ・ラマ14世が、アメリカ訪問の途中に日本に立ち寄り、記者会見を行いました。ダライ・ラマは「チベットには言論の自由がない」と抑圧の状況を話しました。

 穏やかな雰囲気で進む記者会見でしたが、中国政府がダライ・ラマを名指しで「暴動を背後で操り、オリンピックを妨害している」などと非難していることに対しては、改めて反論しました。その上で、オリンピックについては、今回の抗議行動が起きる前から開催を支持してきたと強調しました。

 「私は以前から言っていますが 、オリンピックを支持しています。これは私の中国の皆さんへの主要なメッセージです」(ダライ・ラマ14世)

 こうした主張の一方で、チベット人には「中国政府の強権的なチベット統治に抗議する権利があり自分には言論による抗議をやめさせる権利はない」として、非暴力の抗議活動を訴えました。

 さらに、抗議活動が起きた背景には言論や信教の自由において、チベット人が極端に抑圧されている現状を語りました。

 「チベットで問題が起きるのは 言論の自由がないからです。これが問題なのです。だから我々は意識的に民主主義を浸透させようとしているのです」(ダライ・ラマ14世)

 終始、にこやかに穏やかに話したダライ・ラマは、およそ50分の会見の締めくくりに、チベットの独立は求めず、実質を伴った「高度な自治」を求めるという従来の立場を示し、中国政府に対しては、「チベット人と中国人が平和的に共存できるよう現実的な解決方法をとるべきだ」と促しました。(10日17:33)
【引用終わり/下線は引用者】


《写真は四万十川/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 小さな町の原子力戦争 | トップページ | 原発の稼働率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/20120989

この記事へのトラックバック一覧です: チベット人民に自由を!:

» 人権なくして五輪なし [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 サンフランシスコの聖火リレー。歓迎の市民に見守られることなく隠匿され、裏道を走 [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 09時14分

« 小さな町の原子力戦争 | トップページ | 原発の稼働率 »