« プルトニウム利用計画 | トップページ | 青森県核廃拒否条例は否決か »

2008年3月10日 (月)

日本人は地球を殺すの?

坂本龍一さんの本は、2002年の『非戦』以来です。帯に「日本人は地球を殺すのですか!?」「今ならまだ間に合います!」とストレートに呼びかけた本、『ロッカショ』。原子力やプルトニウム発電(プルサーマルより分かりやすいですね)について全く知らなかった多くの若者に、手にとって見てほしいと願っています。

Ookinohama1■海はすべての源、世界中とつながっている。
六ヶ所からは、海に向けて、想像を絶する放射能が 垂れ流される・・・・・・。
そしてこの膨大な放射能は、空気中にも放出され、草木を通じて動物に、そして人間に・・・・・・・。

■半減期が2万4千年、耳かきいっぱいの分量で100万人の致死量、核兵器の材料プルトニウムの「生産工場」、地球に対するテロ・・・・・・。
しかし、日本人だけがその恐怖を 知らされていない・・・・・・。

■1万数千年前から栄えた縄文文化。
ひとつの中心、六ヶ所でつくられるものが核兵器の材料だと、あなたは知っていますか?
2万4000年後の地球人は、私たちの文化を何と呼ぶのでしょうか?
(『ロッカショ』/講談社/2007年/1200円/p4〜16より引用)

□この本の印税はすべて地球環境を護るための活動に使われるそうです。


《写真は大岐の浜/岡田充弘さん撮影》

|

« プルトニウム利用計画 | トップページ | 青森県核廃拒否条例は否決か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/11125956

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人は地球を殺すの?:

« プルトニウム利用計画 | トップページ | 青森県核廃拒否条例は否決か »