« 高知県警を告発 | トップページ | 東芝・ロシア原発ビジネス提携へ »

2008年3月20日 (木)

文化的虐殺と非暴力

中国政府の文化的虐殺にたまりかねた僧侶の抗議が暴動へとエスカレートしていますが、ダライ・ラマ14世は「完全な非暴力と平和が私の原則」と述べ、中国国内のチベット人と中国当局の双方に自制を求めたそうです。
半世紀を超す理不尽な大国の支配に、平和主義で応じようというのですね、猊下は・・・
■チベット:ダライ・ラマ「大虐殺」と中国非難/毎日jp/3月16日
http://mainichi.jp/select/today/news/20080317k0000m030064000c.html
■中華人民共和国駐日本国大使館への抗議を
info@china-embassy.or.jp

Monoibe2_2■「暴力が収拾不能なら引退」/中国新聞/3月19日
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200803190113.html


《写真は大岐海岸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 高知県警を告発 | トップページ | 東芝・ロシア原発ビジネス提携へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/11529108

この記事へのトラックバック一覧です: 文化的虐殺と非暴力:

» チベットの土地について [政治]
チベット自治区だけがチベットの方々の土地ではありません。 青海省・四川省の一部も彼らの土地なのです。 中国政府は長い間中国化の為にこれらの土地に沢山の中国人を移住させています。 こちらのブログはチベットの独立は支持していますが、中国人に対してチベット 人がこれまでの報復をすることには支持できません。中国人を傷つけず独立運動を 成功させて欲しいです。そして、チベット人にはそれができる智慧があると思い ます。苦しみの因縁が更に続くような解決にはならないように祈りたいと思います。 国際社会の勇気が彼らとと... [続きを読む]

受信: 2008年3月20日 (木) 11時57分

» 米下院議長、ダライ・ラマと会談「チベット外部調査を」 [政治]
日本政府も早急に公式な使者を送ることを願います。 日本の正義を見せて欲しいです。 米下院議長、ダライ・ラマと会談「チベット外部調査を」 2008年03月21日20時22分 チベット騒乱、中国が四川省での発砲認める=新華社 2008年3月21日(金)10:26 ... [続きを読む]

受信: 2008年3月21日 (金) 23時36分

« 高知県警を告発 | トップページ | 東芝・ロシア原発ビジネス提携へ »