« 死の灰を生み出す場所 | トップページ | なくせ貧困総決起集会 »

2008年2月27日 (水)

税金でなすべきことは

きのうの高知新聞夕刊に、政治部/山岡正史さんの「総決起」というコラムが掲載されていました。

Monobe2■総決起

「地方の民ならば当然、道路特定財源の暫定税率廃止には反対すべきだ」みたいな雰囲気に戸惑っている県民も、そう少なくはないことは書いておきたい。「道路が一切要らない」などと言っているのではなく、整備速度をやや落としても、ほかに税金でなすべきことはあるのでは、という声である。

県などは先般、特定財源死守の「県民総決起大会」を開いたが、重度障害者や低所得世帯の生活向上に向けた県民総決起大会の話など聞いたことがないなぜ、道路なら総決起なのか

ちなみに、新高知駅の高架事業にも巨額の道路特定財源は使われている。ともかく、税金の使途は落ち着いて考えたい。
(2月26日付高知新聞/話題より一部引用/下線は引用者)


道路道路と騒ぐのは得をする人たちで、一概にバッサリ切ろうというのも政争の臭いが強すぎる。
政治というのは、人びとの幸福を実現することではなかったか
体裁ばかりをつくろい、都市と道路について政治哲学もなく突っ走ると、またもや失敗をくりかえす

1000億と10年の歳月をかけ高知は衰退する
http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_c4e9_1.html

どうして一番困っている人たちの声を聴こうとしないのか。地域の貧困や生活難といった生存権の問題からくるニーズにこそ焦点を合わせ、税金を生かすべきではないでしょうか。


《写真は物部/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 死の灰を生み出す場所 | トップページ | なくせ貧困総決起集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/10778766

この記事へのトラックバック一覧です: 税金でなすべきことは:

« 死の灰を生み出す場所 | トップページ | なくせ貧困総決起集会 »