« イージス艦などいらない | トップページ | 高松での核廃説明会 »

2008年2月21日 (木)

世界の風力発電27%増

2月16日付高知新聞によると、「昨年1年間に世界で新たに設置された風力発電施設の規模は、大型原発15基分に匹敵する2千万kw超で、総発電容量が1年間で27%も増えたことが、業界団体でつくる世界風力エネルギー協会(GWEC、本部ベルギー)の15日までのまとめでわかった」そうです。米国、スペイン、中国、インドでの急成長にくらべ日本の立ち遅れと、日本のエネルギー政策の偏りが鮮明になりました。

Touyouchonohikari■世界の風力発電27%増/大型原発15基分(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/world/news/CK2008021502087790.html

■日本の政策は失敗/環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長の話
世界の風力発電市場は、自然エネルギーのトップランナーとして、引き続き力強い成長を見せている。特に米国、スペイン、中国、インドでの急成長は驚異的だ。イタリアやフランスも含めて、いずれも電力会社に一定価格で電力の買い取りを義務づけるなど、国の政策の成功が際立っている。半面、電力会社に一定比率での新エネルギー利用を義務づけながら、その目標値を極めて低く抑えている日本の政策の失敗も鮮明になったといえる。
(2月16日付高知新聞3面より)

それなのに、この国の東芝、日立、三菱という原発メーカーは、地球温暖化対策として原発技術を世界に売り込むビジネスチャンスだと盲信しているようすが、20日のNHKクローズアップ現代で紹介されていました。
■世界原発建設ラッシュ/問われる日本
http://www.nhk.or.jp/gendai/

エネルギー効率の悪い原発依存を世界に広めるのは企業利益しか考えていない証左であり、恥ずべきことではないでしょうか・・


《写真は東洋町で観測された天体現象/西岡謙一さん撮影》

|

« イージス艦などいらない | トップページ | 高松での核廃説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/10568341

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の風力発電27%増:

« イージス艦などいらない | トップページ | 高松での核廃説明会 »