« 地震をいつも過小評価 | トップページ | 断層過小評価は意図的か »

2008年2月18日 (月)

原発頼みの財政は・・

新潟県柏崎市の財政は、非常事態になっているそうです。
■朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/0215/TKY200802150346.html

Naminoriame■原発停止で歳入激減 新潟県柏崎市、財政「非常事態」

 昨年7月の新潟県中越沖地震の被災地・同県柏崎市が15日、約486億円の新年度一般会計当初予算案を発表した。地震で東京電力柏崎刈羽原子力発電所が停止したため、原発関連の歳入が激減。市は「非常事態」として、4月から2年間、市4役の給料や管理職手当を10%、職員給料を3%削減するほか、道路の新設を凍結。また、国に約82億円の特別交付税を要望している。

 予算案によると、原発の長期停止により新しい核燃料が原子炉に装填(そうてん)されないため、同市に配分されていた前年度約4億8000万円の交付金がゼロに東電が約28年ぶりに赤字に転落する見通しとなったことで、同約5億円の法人市民税も見込めなくなった

 同市の今年度の当初予算は約466億円。その後、地震の発生で補正予算を組むなどして総額は824億円余に達した。そのうち災害関連事業費だけで当初予算に近い約394億円に上る補助金や起債でも対処しきれない状況で、市は「財政状況が警戒水準を超えた」としている。
(2008年02月15日22時45分/下線は引用者)


《写真は大岐の浜/雨模様のサーフィン/岡田充弘さん撮影》

|

« 地震をいつも過小評価 | トップページ | 断層過小評価は意図的か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/10534486

この記事へのトラックバック一覧です: 原発頼みの財政は・・:

« 地震をいつも過小評価 | トップページ | 断層過小評価は意図的か »