« 核廃処分用地の選定延期 | トップページ | ウラン鉱山の放射能 »

2007年12月24日 (月)

資源エネ庁の対抗策

Muroto1高レベル核廃の埋め捨て場所が決まらず、とうとう計画変更までせざるを得なくなった経産省資源エネ庁は、こんな対抗策を講じてきました。

1 最終処分計画に関する意見公募(パブリックコメントの募集)1月20日まで:
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=620107060&OBJCD=&GROUP=

2 考えよう!全国エネキャラバン
ニッポンのエネルギーのこと in 東京/1月10日
—放射性廃棄物と地層処分—
http://www.chihoushi.com/ene/index.html
1/10以降の、北の方から山形〜福島〜茨城〜石川〜兵庫〜広島〜香川〜佐賀〜大分の計画は、いつのまにか上記サイトから消えたそうです。東京以外では、やらせでもしなきゃ人が集まらないから・・・

年末年始のくつろぎたいときに、エネ庁職員のみなさんは追い立てられるような情況でしょうか。
がつんと、強烈な意見を申し述べ、転換点をつくりたいところですね。


《写真は室戸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 核廃処分用地の選定延期 | トップページ | ウラン鉱山の放射能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/9543526

この記事へのトラックバック一覧です: 資源エネ庁の対抗策:

« 核廃処分用地の選定延期 | トップページ | ウラン鉱山の放射能 »