« 「化石賞」に値する日々 | トップページ | S.オカザキ監督から »

2007年12月 7日 (金)

あす『ヒロシマナガサキ』上映

あす夕刻と、あさって日中3回、高知市立自由民権記念館にて『ヒロシマナガサキ』上映会です。
『ヒロシマナガサキ』公式サイト:
http://www.zaziefilms.com/hiroshimanagasaki/

Shimanto4主催者の16歳小夏さんは同世代のみなさんに見てほしいと、高校生以下は無料です。
広島市長、長崎市長から、若い世代に向けたメッセージが届いています。
広島市長/秋葉忠利さんより:
http://geki1015.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_52d6.html
長崎市長/田上冨久さんより:
http://geki1015.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_d23e.html

12月8日(土)18:30〜『光の国家建設』(30分)、19:10〜『ヒロシマナガサキ』(86分)
12月9日(日)10:00〜『光の国家建設』、10:35〜『ヒロシマナガサキ』、12:15〜『光の国家建設』、12:50〜『ヒロシマナガサキ』、14:30〜『光の国家建設』、15:05〜『ヒロシマナガサキ』


自治を希求し、自然保護を考える高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は四万十川/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 「化石賞」に値する日々 | トップページ | S.オカザキ監督から »

コメント

笹岡さん、昨日はありがとうございました。

おとうさん、おかあさん、ふたりの息子さんと、ご家族そろってご来場いただき、ほほえましい光景に心が和みました。笹岡ファミリーのような参加のされかたを、私は期待していたのです。
高校生以下の参加が20数名と少なく、主催者はがっかりしていただけに、貴女が書いてくださった感想はとても嬉しく、みんなで回し読みして喜び合いました。
おかあさんの語りかけとともに幼いときに見た映像は、心の隅に焼きついて、戦争の愚かさをはっきり意識する糧となることでしょう。息子さんたちとの日曜日に、『ヒロシマナガサキ』を選んでくださって感謝しています。

このままでは惜しい映画なので、来年の8月6日、『ヒロシマナガサキ』を再上映できないか、今から準備を始めたいと考えています。
こんどこそ、もっとたくさんの戦争を知らないみなさんに見てもらいたいと思います。
また、お力をお貸しくださいね。

投稿: げき | 2007年12月10日 (月) 10時34分

昨日はありがとうございました。
いままでの原爆に対する被害者意識から脱却し、戦争で起ったこの終わりない現実を心でしっかり感じ取って、未来の平和へつなげていかなくてはいけないんだと感じました。
息子たちにとっては、初めて戦争、原爆と向き合う機会となりました。
3年生の長男は「むごい、むごすぎる・・・。」と痛々しい映像を見ながら、人の痛みを感じていたようです。
1年生の次男は、まだ少し難しいようで他人事のように見ていて、映画の途中で「もし戦争が起ったら、7歳のきみにも同じことが起るのよ。そして、日本は、すぐにでも戦争を始めれるかもしれないような方向に国の仕組みを変えようとしているのよ。戦争はだめ!とはっきりいえる人にならないと、たくさんの人がこんなに苦しむの。だから、戦争のこと、きちんと知っていこうね。」と話すと、真剣に観ていました。
観終わった後、彼らの目と心に焼き付いて映像は、戦争きらい!とう短くも、はっきりとした感想となりました。
彼らが戦争に対して、これからたくさん学んでいく昨日はスタートになりました。
我が家には、92歳のおじいちゃんがいます。
きっと、ひ孫の彼らに実体験を語って聴かせてくれると思います。
戦争を知らない70%の日本国民が、戦争を知っているおじいちゃん、おばあちゃんから、教科書には載っていない本当のことを、たくさんたくさん聴いて、感じて、伝えていかなくてはと思います。
貴重な機会を与えていただきました事、本当に感謝しています。ありがとうございました。

投稿: 笹岡里圭 | 2007年12月10日 (月) 09時41分

笹岡さん、嬉しいコメントに感謝します。
今夜はほとんどがおとなで60人でした。
あすに期待しています。

投稿: げき | 2007年12月 8日 (土) 23時14分

こんばんは。
いつもお世話になっております。
明日、小学生の息子たちを連れて観に行きます。

人の痛みや悲しみに共感する能力に乏しい現代の子どもたちにとって、戦争を反対する意味、理屈ではない人間としての根源を感じて欲しいと願っています。

投稿: 笹岡 里圭 | 2007年12月 8日 (土) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/9289475

この記事へのトラックバック一覧です: あす『ヒロシマナガサキ』上映:

» テスト終了 [高校男児のブログ]
やっとテストおわったぁこれで束縛していたものがなくなったぁ [続きを読む]

受信: 2007年12月 7日 (金) 15時07分

« 「化石賞」に値する日々 | トップページ | S.オカザキ監督から »