« 冤罪/高知白バイ事故 | トップページ | 原発交付金への依存症と禁断症状 »

2007年11月 1日 (木)

核に対する人間の無力さ

0723simizu国民保護計画をつくるため、核攻撃された場合の被害を検討してきた広島市の国民保護協議会専門部会は31日、報告をまとめました。政府は、国民保護法に基づく基本指針で「風下を避け避難する」などと対策を例示しているが、広島市は「核兵器が使われても逃れられると市民が誤解する」として専門部会を設置し、爆発形態や威力ごとに四つのケースで被害を推定しました。同計画策定のために核被害を具体的に想定したのは全国初で、「市民を守るには核兵器の廃絶しかない」と結論づけています。中国新聞社説は「被爆都市・広島の試みとして、核に対する人間の無力さを浮き彫りにしてほしい。廃絶へ向けた努力に勝る国民保護はないとの証明につながる」としています。
中国新聞記事:
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200710310182.html
中国新聞社説:
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200611060150.html


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は土佐清水/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 冤罪/高知白バイ事故 | トップページ | 原発交付金への依存症と禁断症状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/8710782

この記事へのトラックバック一覧です: 核に対する人間の無力さ:

« 冤罪/高知白バイ事故 | トップページ | 原発交付金への依存症と禁断症状 »