« 署名運動にご尽力いただいているみなさん | トップページ | 戦後最低の投票率 »

2007年11月25日 (日)

セイフティネットの破綻

1982年老人保健法により高齢者の医療費が有料となり、2002年から段階的に引き上げられ、2008年4月から後期高齢者(75歳以上)は、新たに保険料を支払うことになる・・・何だか知らないうちに複雑な値上げの仕組みが進行していて、87歳の父は「ただやったもん(医療費)が1割負担になり、3割負担になった」「介護保険料が年金からごっそりとられゆう」と怒り心頭です。
元医療職だったけれども臨床から離れて久しく、よく分からない私も、高知女子大学池キャンパスの「医療保険制度改革と介護のゆくえ」という講演を聴きました。が、あまりにも複雑すぎて結局「セイフティネットを大きく破ってしまった状態」「生活を保障するはずの社会保障制度の負担を大きくして貧困を増幅させている現状」だけは、よく分かりました。

Hharisennbonnjpg藤沢周平の『風の果て』は、民百姓の暮らしを熟知した主人公が、水路を引いて土地を潤し、すぐれた農政を進めていきますが、こんな表現があります。
「政策の根底に、・・村と百姓は搾れば吐き出すという思想があって、目前に苦境打開を迫られると、すぐさまその近道に走りたがった。・・そのやり方こそ藩を自滅にみちびくものだった。搾れば一時の苦境はしのげるとしても、やがて潰れ百姓が出、農地は荒れ、いずれは食に窮した百姓たちがむしろ旗を立てることになるだろう。・・・」『風の果て(下)』文春文庫p224より
昔も今も変わらぬ権力者のやり方は、やがて国を滅ぼすでしょう。

それに、高知女子大学池キャンパスに初めて行ったけれど、永国寺キャンパスからタクシーで1900円。長いトンネルをぬけて、南海地震が起きたら津波にとっぷり浸かってしまうようなところに、よくぞ立派な建造物を大枚はたいてくれたもんだ・・と悪政ぶりにあきれはてました。すぐ向かいは高知医療センターですが、この敷地も津波に浸かり、ヘリコプターでしか患者さんの搬送はできないでしょう。公共交通の便も悪いのです。
野本靖さんの公共交通マニフェスト:
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tosarailway/manifesuto.html


「知事候補回答一覧」をダウンロード
自由を希求し、自然保護を考える高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真はハリセンボン/岡田充弘さん撮影》

|

« 署名運動にご尽力いただいているみなさん | トップページ | 戦後最低の投票率 »

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
セイフティネットの破綻のお話、大切なことを考える機会をありがとうございます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007年11月27日 (火) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/9095593

この記事へのトラックバック一覧です: セイフティネットの破綻:

« 署名運動にご尽力いただいているみなさん | トップページ | 戦後最低の投票率 »