« 再処理/川田龍平さん質問 | トップページ | 終焉に向かう原子力 »

2007年11月29日 (木)

ガラス固化作業の中断

Okinoshima4六ヶ所村で、高レベル放射性廃棄物を閉じ込めるガラス固化体を造る作業が中断しているというニュースが11月26日に入っています。
製造直後のガラス固化体は、すぐ近くに約20秒間立っていれば、100%の人が死に至るとされるほど、強い放射線を出します

原子力発電を続けるということは、後始末の困難な"死の灰"を造り続けているということで、その"死の灰"を再処理するということは、さらに未来永劫(100万年間も)放射能が衰えない、高レベル放射性廃棄物という厄介な"核のごみ"を産み出すわけで・・・
私たちが慣れ親しんできた"大量生産+大量消費=大量廃棄"という暮らしのパターン。原発は、エネルギーまで"大量生産+大量消費"し、最悪の廃棄物"死の灰"を"大量廃棄"する・・・
こんな暮らしかたを見直さない限り、この悪循環を断ち切る方法はなさそうです。

コンビニや自動販売機は「のうてもかまん(無くてもかまわない)」、エアコンやテレビを無意識につけてしまうのは「やめんといかん(止めないといけない)」、・・・
そう思いませんか??


溶接機故障でガラス固化作業中断/東奥日報:
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20071126205050.asp
ガラス固化装置に故障/朝日新聞記事:
http://www.asahi.com/national/update/1126/TKY200711260275.html


自治を希求し、自然保護を考える高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は沖の島/西村健一さん提供》

|

« 再処理/川田龍平さん質問 | トップページ | 終焉に向かう原子力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/9161028

この記事へのトラックバック一覧です: ガラス固化作業の中断:

» ナヴァホの人々、ウラン採掘廃棄物処理に600億円要求 [政治]
日本の原子力発電関連施設にも将来的にはこういうようなことが考えられます。 この面を考えただけでも原子力発電は経済的とは言えないと思います。 そして、幾らお金を使っても汚染を完全に除去することは出来ないはずです。 ほとんどは根拠の無い安全であるだろうと思われる所に移動させられるだけです。 アメリカ南西部先住民のナヴァホの人たちが、核兵器や原子力発電のためのウラン採掘によって残された廃棄物の処理のため、5億ドル(約600億円)を連邦議会に対し要求 『ロサンゼルス・タイムズ』2007年10月24日付、... [続きを読む]

受信: 2007年11月29日 (木) 14時31分

« 再処理/川田龍平さん質問 | トップページ | 終焉に向かう原子力 »