« 知事選と県民の意欲 | トップページ | ちゃんとした議員を »

2007年11月22日 (木)

もっと続けよう、県民対話集会

野田正彰さんの論評に、高知県民から賛否があるようです。
でも私は、こういう語り口に励まされ、奮い立ちます。

一昨年の秋、高知新聞に掲載された野田さんの論評『虚仮という社会病理』に大いに共鳴し、政治をはっきり意識しました。原子力政策を知るほどに、
「この国は病んでいる」そう実感していたからです。
何から何まで資本の論理でおしとおし、嘘の蔓延する社会、
そういう社会にず〜っと腹を立てていながら、
政治的な行動はとっていなかったと気づきました。・・・

近い過去を知ること:
http://203.139.202.230/07chijisen/post02.htm

Monoibe2近い過去を知ること

「高知県民が考えるマニフェスト—2007知事選に向けて」をかたわらに・・

歴史の視点がないのが決定的です。橋本県政の十六年間で何が行われたのか、具体的に調べないといけない。どれだけの財政赤字が作られ、どうしてそうなったのか。さらに橋本氏の前、中内県政時代に何が行われたのか。近い過去を見つめることを通して初めて高知県がここまで経済的に破たんし、活力を失っていった問題が見えてくる。だけど皆さんのは、橋本県政に対して評価があいまいで、『光もあった、影もあった』式」

 近い過去に何があったのかをまず知り、討論し、一定の合意を得た上で現実を考えないといけない。そう指摘する野田さんの目は、近現代の高知の歴史に向かう。

 「土佐学というものがあるとすれば、それは近代の反省の中に作られないといけない。坂本龍馬とか自由民権運動とか、幕末から明治初期の二十年間の歴史ばかりが観光用に消費され続けている。でも実際は命懸けの民衆運動をつぶしたりしながら、その後六十年近くにわたって軍国主義の高知が続いた戦後も、戦前の国家主義を強権的に推進した人たちが戻ってきて、戦後民主主義を抑圧していった。土佐学を言うならば、いい加減な自由民権とか龍馬から抜け出して、社会科学的に事実を考えないと駄目です」

事実を踏まえながら討論を深める選挙でないならば、人々の関心が遠のくのは自然だ。

 「政治というのは、ある選択肢を決めるときの序列の判断です。今の県政にどんな問題があるかを踏まえた上で、任期中の四年間で、どう序列を付けて、何をするか。序列について判断を停止したまま、『こうありたい』と願望だけを並べたら、それは政治じゃないです」

 どう序列を付けますか。何から着手するんですか? これは、無念だけどあきらめましょう。じゃあ、どれを本気でやりますか?

 そんなふうに、候補者を招いたシンポジウムなどで「序列の判断を問いただし、その考えを明確にさせ、議論していくことこそがマニフェストの役割だと、野田さんは指摘する。

 「当選した人間は、必ず序列を付けてやっていくわけです。ところが選挙中は、その判断を隠し、総花的なことを言ってごまかしていたりする。それに注意を払わないのは危機感がなさすぎます」

「橋本知事への評価で『非核港湾条例など、国政と無関係のことを言い出して混乱させた』という言い方がある。でもそれはうそで、港湾管理は県政が主体に行うことがたくさんある。港湾の軍事化や核廃棄物処分場の誘致などさまざまな政治的対立が、地方行政になるとあたかも関係ないかのように隠されようとしている」

 国政で対立する四党が相乗りしたことも同じ流れの中にあり「候補者個人と政党との間で交わされた約束が、県民には見えなくなっている。非政治を装いながら、政治的行為が展開されている。政治そのものが溶けてしまっているようだ」と野田さんは言う。
(2007年11月21日高知新聞より抜粋引用/下線は引用者)


「知事候補回答一覧」をダウンロード
自由を希求し、自然保護を考える高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は物部/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 知事選と県民の意欲 | トップページ | ちゃんとした議員を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/9050607

この記事へのトラックバック一覧です: もっと続けよう、県民対話集会:

» 高知に比べ アメリカのブロガーは凄すぎるぜ [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 全然盛り上がらない高知県知事選挙と高知市長選挙。候補者自身がホームページすらな [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 10時25分

« 知事選と県民の意欲 | トップページ | ちゃんとした議員を »