« プルサーマル阻止全国交流集会 | トップページ | 県民による県民のためのフォーラム »

2007年10月 3日 (水)

原発直下に断層21本

柏崎刈羽原発直下に、なんと、21本もの断層が建設前に確認されていたのだそうです。東電側は、「(将来的に活動する可能性のある)活断層でない」と説明しているとか。
新潟日報記事:
http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=2790

Muroto1柏崎原発直下に断層21本確認

東京電力柏崎刈羽原発で全7基の原子炉建屋設置場所の直下にかかる断層の数が、計21本に上ることが28日、東電が同原発建設前に国に提出した申請書などで分かった。東電は「21本の断層は改定された耐震設計審査指針を踏まえても、(将来的に活動する可能性のある)活断層でないことは確認している」と説明している。
ただ、東電は中越沖地震を受けて現在実施中の原発敷地内外での地下探査に加え、最高裁で係争中の1号機設置許可取り消しを求める行政訴訟で争点になっている断層を含めた追加調査を行う方針を示しており、今後の調査結果が注目される。
行政訴訟では1号機直下の2本の断層評価をめぐり住民側は「活断層」と主張する一方、安全審査をした国側は「活断層ではない」と否定しており、意見が分かれている。
東電は過去の調査について「断層調査は規模、落差、破砕幅のほか、活動度や動く速度などをみて、まずは活断層かどうかを調べる。活断層でないと分かった段階で長さなどは詳細に調べない」(原子力設備管理部)としている。
新潟大の立石雅昭教授(地質学)は「1号機下の2本の断層は比較的新しい年代に動いたとみているので、東電と見解は異なるこれから動く断層かどうかをきちんと評価しなくてはならない」と話し、東電に詳細な調査を求めている
(2007年9月29日記事より一部引用)


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は室戸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« プルサーマル阻止全国交流集会 | トップページ | 県民による県民のためのフォーラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/8223438

この記事へのトラックバック一覧です: 原発直下に断層21本:

« プルサーマル阻止全国交流集会 | トップページ | 県民による県民のためのフォーラム »