« 若者のまなざし | トップページ | 浜岡原発/住民請求棄却 »

2007年10月26日 (金)

核廃拒否条例制定は"地方の叛乱"

きのうご紹介した女子高校生に、語りかける文章を投稿しました。

Taisanboku1核廃拒否条例制定は"地方の叛乱"

 10月19日付本紙、第4回新聞感想文コンクール高校生の部の最優秀作品を読み、「ああ、もっと語り合いたかった」と思いました。
 女子高校生弘田さんは、東洋町の核廃施設応募直後に私たちが行なった街頭署名に積極的に応じてくださったけれども、翌日の報道に「どこかの自治体が受け入れなければいけない」との意見も報道され、物事を多面的に考え、深めることの大切さを学んだという内容でした。彼女の感想文について、ふたつのことを書いておこうと思います。
 1 核廃拒否条例制定は、地方が大都市に対して「否!」を突きつける"地方の叛乱"なのです。日本中で一番電気を浪費している大都市の住民たちが知らんふりして、電力消費量が全国46位の高知県に危険きわまりない核のごみを押しつけようとする事実に、眼を向けてほしいと思います。すでに成立した核廃拒否条例は、北海道、鹿児島県西之表市、鹿児島県宇検村、高知県東洋町・・等々、首都圏から遠く離れ、人口密度が低く、高齢者が多く、しかも貧しい、地方の自治体が多いのです。「どこかの自治体が受け入れなければいけない」ならば、一番電気を使う大都市が受け入れるべきでしょう。便利で快適な生活に馴らされた私たちが、ひとりひとりエネルギー消費に意識を向け、原子力に依存する暮らしを続けていていいのか、全国で議論をまきおこしていく突破口として署名運動を展開している、という説明が足りなかったようです。
 2 原子力発電の効率は、決してよくはありません。発電効率35パーセントを超えることはなく、制御された核爆発で得た熱エネルギーの2/3は温排水として海に捨てられています。また、電力の大消費地から遠く離れた場所に立地せざるをえないため、約8%の電力が送電中にロスとして捨てられています。
 これからも若いみなさんと、大いに語り合っていきたいと切望します。


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は泰山木/げき撮影》

|

« 若者のまなざし | トップページ | 浜岡原発/住民請求棄却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/8617283

この記事へのトラックバック一覧です: 核廃拒否条例制定は"地方の叛乱":

» 国会座り込み [労働者のありったけ ]
ひとりでやって来てひとりで帰る国会座り込みは野営に似ている。 森林や海のかわりに国会議事堂があり、野宿者のかわりに警官や職員や議員や出入りの業者や陳情団、議事堂見学の学童、ダークスーツのやつらがいる。 品川ナンバーのタクシーが頻繁にやってきて、携帯で連絡を取り、客を乗せたり降ろしたりする。ときおり、練馬ナンバーや茨城ナンバーの黒塗りが列をなしてやってくる。 宿舎の増築でもするのだろう、地中ばりの解体をしている作業員たちもいる。 ヤクルトの売り子も来る。 颯爽と闊歩するキャリアウーマンもいる。 クリー... [続きを読む]

受信: 2007年10月26日 (金) 15時54分

» 3つの県民によるマニフェスト [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 高知県知事、高知市長選挙のダブル選挙に「県民によるマニフェスト」が3つ揃いまし [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 20時32分

« 若者のまなざし | トップページ | 浜岡原発/住民請求棄却 »