« 柏崎刈羽原発の閉鎖を | トップページ | 地震と原発を考える緊急全国集会 »

2007年9月16日 (日)

核ずさん管理/米研究所

米ニューメキシコ州の核開発機関ロスアラモス国立研究所での核のずさん管理は今に始まったことではない。4年前にも、放射性廃棄物をプレハブ小屋に放り込むなどと報道されています。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20030121204.html

Ookinohama1核ずさん管理13年以上/一覧表 実物と照合せず

ロスアラモス国立研究所が貯蔵しているプルトニウムなど核物質の一覧表を13年以上作成せずにずさんな管理を続けていたことが、米エネルギー省の監査報告書で分かった。
報告書によると、・・・一つ一つを実際に確認して一覧表を作った形跡がないなどの不備があった。新たに貯蔵された核関連物質の記録がないケースもあり、報告書は知らないうちにプルトニウムなど核物質が流出する可能性があると指摘。研究所に内部システム改善を促している。
(9月14日付高知新聞より一部引用/下線は引用者)


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は大岐の浜/岡田充弘さん撮影》

|

« 柏崎刈羽原発の閉鎖を | トップページ | 地震と原発を考える緊急全国集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7950891

この記事へのトラックバック一覧です: 核ずさん管理/米研究所:

« 柏崎刈羽原発の閉鎖を | トップページ | 地震と原発を考える緊急全国集会 »