« 撃たれたジャーナリスト | トップページ | JCO事故から8年 »

2007年9月29日 (土)

炉心装置が変形していた

柏崎刈羽原発で、炉心装置の脚部分が曲がっていたことが点検で判りました。新潟県知事は「原子炉本体の検査が始まった段階で、今後は白紙。廃炉もあり得る」と述べたそうです。
讀賣新聞記事:
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070927i412.htm
新潟日報記事:
http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=2749
北陸電力広報文書:
「北陸電力pdf」をダウンロード

0724ashizuriこれからの原子炉本体調査で、地震の影響がもっともっと明らかになるはずですから、柏崎刈羽原発は閉鎖するしかないと考えます。


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は足摺岬/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 撃たれたジャーナリスト | トップページ | JCO事故から8年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/8153953

この記事へのトラックバック一覧です: 炉心装置が変形していた:

« 撃たれたジャーナリスト | トップページ | JCO事故から8年 »