« 反原発集会ふたつ | トップページ | ミャンマーへの熱い想い »

2007年9月26日 (水)

エネ庁の核ごみ対策文書

資源エネルギー庁が、なかなか埒の明かない高レベル放射性廃棄物処分事業推進のために、とりまとめた文書があります。
「エネ庁核ごみ対策文書」をダウンロード

Muroto1「最終処分事業を推進するための取組の強化策について」という文書に、「高知県東洋町を始めとする、これまで関心を示してきた地域での経緯等を踏まえると、最終処分事業に対する国民全般や地域住民の理解を広げ、文献調査を開始するため、より一層踏み込んだ取組が必要である」との一文があります。
これまで最終処分場問題が起きた地域の住民たちは、その事業の危険性といかがわしさを鋭く「理解」したからこそ、拒絶してきたのです。
国が市町村に直接申し入れる方式が始まり、高知県では、これと連繋するかのような団体が公然と活動を始めようとしています。推進派の動きには、目が離せません。
「より一層踏み込んだ取組」とはどのようなものか、全国の良識ある住民は警戒を強めています。


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は室戸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 反原発集会ふたつ | トップページ | ミャンマーへの熱い想い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/8070670

この記事へのトラックバック一覧です: エネ庁の核ごみ対策文書:

« 反原発集会ふたつ | トップページ | ミャンマーへの熱い想い »