« ソウルの奇跡に学ぼう | トップページ | 12月県議会に核廃拒否条例請願予定 »

2007年9月19日 (水)

エネ庁、処分事業に意見募集

資源エネルギー庁は、これまでの高レベル放射性廃棄物最終処分場公募方式とあわせ、新たに国から自治体に申し入れる方式について、一般から意見(パブリックコメント)を10月14日まで募集するそうです。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=620207010&OBJCD=&GROUP=

Nakatosa原発さよならネットワーク高知は、
1 安全性が実証されていない地層処分を前提としていいのか
2 地震列島に適地があるのか
3 押しつけは許されない
の3点について、コメントする予定。
http://geki1015.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_0976.html

日刊工業新聞記事:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000001-nkn-ind
エネ庁、高レベル放射性廃棄物処分事業推進へ中間報告案

経済産業省・資源エネルギー庁は12日、総合資源エネルギー調査会の放射性廃棄物小委員会で高レベル放射性廃棄物処分事業推進のための中間取りまとめ案を提出した。
これまでのように最終処分場の文献調査に対して自治体の応募を待つだけでなく、関心を持つ自治体に対して地元の意向を尊重しつつ、国から申し入れをする。一般からの意見募集(パブリックコメント)を実施し、10月末にも中間取りまとめを行う。

経産省では、最終処分場事業を推進するために、関心を持つ自治体への文献調査申し入れと合わせて、地域振興の構想の提示を行うために、秋にも「最終処分事業地域振興研究会」を設置し、住民に理解を求める。文献調査の段階で年10億円の交付金が支払われ、これの活用方法も地域とともに検討する。

また、最終処分場の安全性や、数段階に渡る処分地の選定プロセスなど国民や地域の理解を進めるため、広報を拡充する。
(9月13日8時34分配信 日刊工業新聞より)


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は中土佐/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« ソウルの奇跡に学ぼう | トップページ | 12月県議会に核廃拒否条例請願予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/8016371

この記事へのトラックバック一覧です: エネ庁、処分事業に意見募集:

« ソウルの奇跡に学ぼう | トップページ | 12月県議会に核廃拒否条例請願予定 »