« 『ヒロシマナガサキ』を観て | トップページ | 原発労働者の労災認定を »

2007年9月10日 (月)

ジャーナリストの立場から高知県政を見て

今夜6時半から、平和資料館草の家で、高知新聞社会部長/依光隆明さんによる平和講座「ジャーナリストの立場から高知県政を見て」がありました。

Monobe2橋本県政16年間を、
1 県民の県政改革への期待たかまる華々しい数年間
2 内政問題の悪化による停滞期
3 県庁全体が訴訟対策に終始するここ5、6年間の低迷期
という3つの時期に分け「個人的見解」として語られた内容は、Uターンして県政に疎かった私にとって期待どおりの内容でした。
県の財政状況がどんどん悪化しているのを知ってか知らずか、ぼんやりしている私たち県民も、こんどの知事選を機に主体的に考え行動を起こす必要がありそうです。


自然保護を考えている高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」最終集約用をダウンロード


《写真は物部/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 『ヒロシマナガサキ』を観て | トップページ | 原発労働者の労災認定を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7882159

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリストの立場から高知県政を見て:

« 『ヒロシマナガサキ』を観て | トップページ | 原発労働者の労災認定を »