« 若者たちがみた朝鮮人強制労働問題 | トップページ | 核ごみ誘致団体が申請中 »

2007年8月31日 (金)

石橋克彦さん講演会

何度かお知らせしていますが、「原発震災」という言葉を最初に提唱し、原発の耐震安全性の崩壊について筋道をたてて論評されている石橋克彦さん(神戸大学教授)の講演・討論会が9月9日(日)大阪で開催されます。
グリーンアクション:
http://www.greenaction-japan.org/modules/wordpress/index.php?p=314
「9月9日チラシ」をダウンロード

Muroto1中越沖地震が柏崎刈羽原発に与えた影響によって、原発の耐震安全性が崩壊したことは誰の目にも明らかになりました。政府や電力会社は、「原発は安全に停止した」「放射能の影響なし」を繰り返し、耐震安全性が崩れたことには口をつぐみ、責任を明らかにしようとはしていません。そして原発の運転を続けたまま「耐震安全性の見直し」を行っている状況です。地震の活動期に入った現在、「原発震災」は避けられないような状況です。

今回は、地震の専門家である石橋克彦さんを招いて、じっくりお話しを聞きます。石橋さんは、「原発震災」という言葉を初めて使われ、地震による震災と原発事故による被害が同時に起こる危険性を早くから指摘されてきました。浜岡原発の裁判でも原告側証人として危険性を訴えてこられました。また石橋さんは、中越沖地震後、最も心配なのは浜岡原発と若狭の原発だと言われています。「ひずみ集中帯」にある、若狭の原発と地震の問題について、講演と質疑を通じて考えていきましょう。

主催者からは、関西電力との交渉の結果等も踏まえて、今後の運動について問題提起をおこない、討論していきたいと考えています。是非、ご参加ください。

主催:
■グリーン・アクション
代表:アイリーン・美緒子・スミス
京都市左京区田中関田町22−75−103
TEL 075-701-7223 FAX 075-702-1952

■美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
代表:小山英之
大阪市北区西天満4−3−3 星光ビル3階
TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は室戸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 若者たちがみた朝鮮人強制労働問題 | トップページ | 核ごみ誘致団体が申請中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7738429

この記事へのトラックバック一覧です: 石橋克彦さん講演会:

« 若者たちがみた朝鮮人強制労働問題 | トップページ | 核ごみ誘致団体が申請中 »