« 県民の望むマニフェスト | トップページ | 歴史的な実験 »

2007年8月 3日 (金)

ヒロシマナガサキ

もうすぐ、広島と長崎に原子爆弾が落とされてから62年が経とうとしています。
日系米国人スティーブン・オカザキ監督作品『ヒロシマナガサキ』は8月6日、全米でテレビ放送されるそうです。
http://www.zaziefilms.com/hiroshimanagasaki/

Shimanto4先の久間防衛大臣は長崎の原爆投下を「しょうがなかった」と発言して、辞任しました。
60年余がたち、日本でもその記憶が薄れつつあり、アメリカはじめ世界の多くの人々は、被害の実態、被爆者の現実を知りません。
被爆者の高齢化が進み、「いま、つくらなければ、いま、伝えなければ」と訪日、500人以上の被爆者に会い取材した、日系3世のオカザキ監督。14人の被爆者と、4人の爆撃にかかわった米国人の証言をとおして、ヒロシマナガサキの真実を描きました。
いま、世界には広島に投下された原爆の40万個分に相当する核兵器があるといわれ、2001年9月11日以降の世界的情勢下、核拡散の危機が急速に高まっています。
「アメリカだけでなく世界中の人々に、広島・長崎で何がおきたか知ってほしい」と監督は語ります。
(コープ自然派会報より改変して引用)


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は四万十川/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 県民の望むマニフェスト | トップページ | 歴史的な実験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7396920

この記事へのトラックバック一覧です: ヒロシマナガサキ:

» 原爆投下は必要無し [風まかせ]
原爆投下必要なかった?=「使用せずとも終戦」と分析−米軍神話覆す機密資料 (時事通信) - goo ニュース アメリカに保管されていた機密資料が発見され 第二次世界大戦で対日戦争は原爆の投下は必要としていなかったことが 分かりました。 ソ連参戦が戦争終結の決定的要因だったそうです。 原爆投下が戦争を早く終結させるのに必要だったという 理論は戦後に作られた言い訳だったそうです。 せっかく作った原爆だったので使ってみたかったのが真相で、 アメリカの身勝手だったのではないでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 19時41分

« 県民の望むマニフェスト | トップページ | 歴史的な実験 »