« 医療を変えるがん患者会 | トップページ | 原発定期点検をゆるめてはならない!! »

2007年8月22日 (水)

柏崎刈羽原発の閉鎖を

大阪「美浜の会」からいただいた情報です。
石橋克彦さん達が8月21日に出された声明「東京電力柏崎刈羽原子力発電所の閉鎖を訴える」は、原子力資料情報室のHPで見ることができます。
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=563
柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会:
http://kkheisa.blog117.fc2.com/

Muroto12007年新潟県中越沖地震によって甚大な被害を受けた東京電力柏崎刈羽原子力発電所について、IAEA(国際原子力機関)の調査団は、わずか3日間の調査をもとに、原発は安全に停止し損傷は予想を下回るものだったという報告書を8月17日に公表しました。一方、総合資源エネルギー調査会に設置された調査・対策委員会の班目春樹委員長は、運転再開は少なくとも1〜2年後としながらも、早々と全7基の運転再開を前提にした発言をしています。このようにして、柏崎刈羽原発は再稼働するものという雰囲気が日本社会に植え付けられていますが、私たちは、純粋に科学的・技術的見地から、この状況に強い危機感を覚え、下記の通り、声明を発表いたしますので、お知らせします。(下線は引用者)
「東京電力柏崎刈羽原子力発電所の閉鎖を訴える」をダウンロード

石橋克彦さんを招いて−9月9日講演・討論会
講演題名:原発の耐震安全性の崩壊−若狭の原発も危ない
講師:石橋克彦さん(神戸大学教授 地震学)
日時:9月9日(日曜)午後1時開場1:30〜4:30
場所:大阪市立 弁天町市民学習センター 講堂/大阪市港区弁天町1-2-2-700 TEL 06-6577-1430
JR環状線「弁天町」駅下車北口より徒歩3分/地下鉄中央線「弁天町」駅下車西口(2)A出口より徒歩3分
地図:弁天町駅前ビル「弁天町駅前オーク2番街」の7階
http://www.manabi.city.osaka.jp/Contents/lll/sisetu/inview.asp?CONTENTNO=668
参加費:一般800円/大学生500円/高校生以下300円
主催:グリーン・アクション/美浜の会


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は室戸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 医療を変えるがん患者会 | トップページ | 原発定期点検をゆるめてはならない!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7638889

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎刈羽原発の閉鎖を:

« 医療を変えるがん患者会 | トップページ | 原発定期点検をゆるめてはならない!! »