« ドイツで原発火災 | トップページ | 原発ー国と業界の癒着 »

2007年7月 8日 (日)

人類の歴史と核

たんぽぽ舎@東京から、新しいパンフレット『人類の歴史と核』が届きました。小出裕章さん/京都大学原子炉実験所のお話をまとめたものです。
たんぽぽ舎は、
http://www.jcan.net/tanpoposya/hyoushi.htm

Tokeisou1貧困に苦しむ人々とエネルギー浪費をする人々」というサブタイトルの箇所には、世界の「エネルギー消費の格差と不公平」のグラフがあって、地球上60数億の人々のうち、たった1/4の人間が世界全体のエネルギーの8割を使い、のこり3/4の人間はのこり2割のエネルギーしか使っていない状態を示しています。合州国やヨーロッパ諸国、石油産油国、日本や韓国などがエネルギー浪費国家群であり、それ以外のアジア、アフリカ諸国などはエネルギーを使えないために死んでいくエネルギー窮乏国家群です。

この事実は、原子力発電によるエネルギーの大量消費を生活習慣としてきた私たち日本人に、決断を迫る内容ではないでしょうか。


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真はトケイソウ/げき撮影》

|

« ドイツで原発火災 | トップページ | 原発ー国と業界の癒着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7073243

この記事へのトラックバック一覧です: 人類の歴史と核:

« ドイツで原発火災 | トップページ | 原発ー国と業界の癒着 »