« 制御棒神話の崩壊 | トップページ | プルトニウム発電の恐怖 »

2007年7月11日 (水)

土佐人の気質

あすは参議院選挙公示日。参院選をまえに高知新聞は県民世論調査をおこない、7月6日から『千の声』という特集記事を連載しました。

Shimanto6_8その第1回目の記事、『郷土愛/住んで良かった66%』に、こんな声があります。

「高知は自由民権発祥の地」「貧乏県だが、いごっそう、はちきんの県民性、人情の厚さを誇りに思う」
自由闊達さや土佐人の気質を、郷土愛や自負心に結びつけている人も多い。
高知市の60代女性は旧窪川町の原子力発電所計画、東洋町の核廃棄物処理施設構想にノーを突きつけた住民運動をひいた。
「住民自治が生きている。自由な風土と伝統は他県に例を見ない」
(7月6日付高知新聞朝刊1面より引用)


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は四万十川/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 制御棒神話の崩壊 | トップページ | プルトニウム発電の恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7107383

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐人の気質:

« 制御棒神話の崩壊 | トップページ | プルトニウム発電の恐怖 »