« チェリャビンスク 1 | トップページ | チェリャビンスク 3 »

2007年7月22日 (日)

チェリャビンスク 2

「テチャ川」と聞き、報道を思い出す方もいらっしゃるでしょう。
21世紀核時代/負の遺産(1)/中国新聞:
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/nuclear_age/former_soviet/010916.html
21世紀核時代/負の遺産(2)/中国新聞:
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/nuclear_age/former_soviet/010923.html
ロシア通信社 ノーボスチ:
http://www.rian-japan.com/news/details.php?p=265&more=1
NNN 核の清算:
http://www.youtube.com/watch?v=Y87ixLi10qo

Koutijoukouen3_1"The Most Contaminated Spot on the Planet" is a journey, starting on a train which, after 36 hours, brings me from Moscow into the city of Chelyabinsk, the administrative center of the province and home to over a million people.The city sprang up during the Second World War, when Stalin moved weapons production to the isolated region.It would go on to produce 50% of the Soviet Union's tanks.This gave the city its nickname, "Tank City."

「地球上で一番放射能汚染したところ」は、ひとつの旅である。列車に乗ることから始まって、モスクワから36時間かけてチェリャビンスクに入った。その町はその州の首都であり、100万人以上の人々のふるさとだ。この町は、第2次世界大戦中に急にできた。スターリンが兵器工場をこの人里離れたところに移したからだ。そこでは、ソヴィエト連邦の戦車の50%を生産し続けたようだ。このことからチェリャビンスク市は「タンクの町」のあだ名をもらった。


From there, the camera travels to the villages of Muslyumovo, Brodokalmak, Tishma, and the town of Argayash.The villagers of Muslyumovo and Brodokalmak were never evacuated from the banks of the contaminated Techa River.Authorities moved the villagers of Tishma in the late 1950's, but only a few kilometers, leaving the locals' grazing land along the banks of the Techa.Argayash is the home of the Sunrasin family resettled after the 1957 explosion.Through Idris Sunrasin, we learn the radiation's death toll on one family: his grandmother, parents, and three of his eight siblings have already died of cancer.Idris himself is dying of stomach cancer and Argayash, a town of 10 thousand, falls within one of the most radioactive zones in the province, according to Russian environmentalists.

チェリャビンスク市から、カメラはムスリュモフ、ブロドカルマーク、ティシマという村々、アルガヤシという町を旅した。ムスリュモフ村とブロドカルマーク村の住民は、放射能汚染されたテチャ川岸から、まるで避難させられなかった。当局は、ティシマの村民を1950年代末に移住させたが、(移住先は)わずか数キロメーターしか離れていなかった。地元民たちが家畜に牧草を食べさせるテチャ川岸の土地を置いたままだったので。アルガヤシ町は、1957年の惨禍の後スンラシン一家が再び定住した、一家の生まれ故郷であった。アイドリス・スンラシンをとおして、私たちは、放射能汚染による家族の死傷者数を知った。すなわち、彼の祖母、両親、兄弟8人中3人が、すでに癌で死亡していた。また、アイドリス自身は胃癌で死にかけており、人口1万人の町アルガヤシは、ロシアの環境問題専門家たちによれば、地方で最も放射能汚染された地域のひとつであった。


"We're all sick. As for the children, I don't know. It's some kind of dying generation." - Lena Morozova, 32

「私たちはみな病気。子どもたちはと言えば、どうなっているのでしょう。死にゆく世代のよう。」レーナ・モロゾフ、32歳。


The camera interviews people from all walks of life: Simple farmers and shepherds, teachers, doctors, factory workers and environmental activists from the association Kishtym-57. Officials who represent the Mayak complex and doctors who work for the infamous FIB, the institute devoted to testing the region's people for radiation, are also interviewed.Until 1988, FIB also kept secret the cause of the cancers and chronic illnesses, even from the patients themselves.

カメラは、すべての階層の人々にインタビューした。すなわち、知識の乏しい農業者や羊飼いたち、教師、医師、工場労働者たち、キシティム57協会からの環境保護活動家たちも。マヤーク複合施設を代表する役人たち、悪名高いFIBで働く医師たちもまた、インタビューを受けた。FIBは、地域住民の放射能汚染を測定してきた研究所である。FIBはまた、癌や慢性疾患の原因を、患者自身に対してさえも秘密にしてきた。


The private citizens tell us the stories of being kept in the dark, ineffectively resettled or not resettled at all, the deaths in their families from cancer, their children's chronic illnesses, and their inability to move out of this contaminated area.The mullah of the largely Muslim village of Muslyumovo says simply, "It is the will of God."The villagers tell us that they do not because their roots are there, because they have no money, because their fear the ability to get a job elsewhere, because they know no other life.One man says simply: "You can't escape your fate."

普通の市民たちは私たちに、闇に閉じ込められてきた顛末、すなわち、避難民を避難先で定住させることがうまくできなかったか、あるいは全く再び定住させられなかったこと、避難民の家族に癌による死亡者たちがあること、避難民の子どもたちの慢性疾患、そして、この放射能汚染地域から移住していくには避難民たちは無力であることを語った。主としてイスラム教徒の村であるムスリュモフの、ムッラー(イスラムの法・教義に深く通じた人に対する尊称)は、あっさりと「神のご意志だ」と言った。村民たちは私たちに、彼らの出自がそこにあるという理由からではなく、彼らにお金がなく、よそで仕事を得られるかという懸念、彼らはほかのどんな生活をも知らないという理由から、(ほかの土地に避難して)行けないと語った。ひとりの男は飾らずに「人は自分の運命からは逃げられない」と言った。


When the camera visits doctors, we learn that the horrifying illnesses faced by the people are compounded by the authorities' refusal, until about three years ago, to even acknowledge that cancer existed in the region.We visit a renowned osteopath whose patient tells us that many, many children in the area of the Mayak complex are born without hands, legs, and feet.

カメラが医師たちを訪ねたとき私たちは、3年ほど前まで、住民たちが直面する病気の恐ろしさ(恐るべき病気)が、さらにその地域には癌が存在するということさえ認めようとしない当局(当局の拒絶)によって増幅されていることがわかった。私たちは名高い整骨医を訪ねた。その整骨医の患者は私たちに、マヤーク核複合施設地域内のたくさんの子どもたちが、手も脚も足もなく生まれたと話した。


We're nothing but guneia pigs here... They don't give a damn about us.

私たちはここではモルモット(ギニアの豚 guinea pig )実験材料でしかない・・彼らは私たちを気にもかけない。


There aren't many births, the women don't want to have children. Who needs more cripples? - Men gathered at the Muslyumovo store.

たくさんの赤ちゃん誕生は、そこにはない。女性たちは、子どもたちをもとうとはしない。だれが、障害児をもっとほしがるでしょう? 男性たちはムスリュモフの店に集まった。


The camera visits Dr. Genady Romanov, the head of the nuclear complex's research institute.His reactions illustrate the official view of the continuing mismanagement of radioactive waste.When I mention my conversations with local doctors about the high cancer rate in the region, he replies: "What doctors?The Muslyumovo doctors?They're ignoramuses.They're all ignorant about nuclear biology and radiology."

カメラは、核複合施設研究所長である、ジェナディ・ロマノフ医師を訪ねた。彼の反応は、放射性廃棄物の管理の失態を続けていることについての公式な見解を説明する。その地域の高い発癌率について地域の医師たちと話し合ったことを私が述べると、彼は「どの医師か? ムスリュモフの医師か? 彼らは知ったかぶりの馬鹿者たちだ。彼らはみな、核生物学や放射線学について無知だ」と応えた。


Interviews with villagers reveal the presence of the Institute of Biochemistry, called FIB, which has been checking the residents for radiation since the late 1950s, but neither told them the cause of their illness, nor treated them.The camera travels to FIB and talks to Dr. Kosenko, who has worked in the institute for over 30 years: "They didn't know anything, and we had no right to tell them that they had been irradiated.All this information was top secret, because the factory produced weapons-grade plutonium... If someone had found out that in some area there were people who had been irradiated, then it would have been possible to find the factory.That's why these people weren't given any information about radiation."

村民たちへのインタビューが、FIBと呼ばれる生化学研究所の存在を明らかにした。FIBは、1950年代末から住民たちの放射能汚染を調べてきたが、住民たちの病気を治療するどころか、住民たちに病気の理由を説明することすらしてこなかった。取材班はFIBを訪ね、研究所で30年以上働いてきたコセンコ医師と話した。彼女は「住民たちは何も知らされていなかったし、彼らが放射能に汚染されてきたなどと告げる権限は、われわれにはなかった。こうした情報のすべては最高機密だ。工場が兵器級のプルトニウムを生産していたのだから・・もしある区域に放射能に汚染された人間がいると明らかにされたたなら、工場あるということが分かってしまうだろう。それが、住民たちに、放射能に関するどんな情報も知らせない理由だ」と語った。


The authorities' cover-up of the situation expands, as we learned from yet another doctor that until recently, doctors were not allowed to give cancer as a cause of death: "Write something else, either a stroke, or a severe heart attack, or even chronic heart disease, basically any of those accompanying factors.But to just put down cancer as a cause of death was just not allowed."

事態についての当局の隠蔽工作はさらに拡大した。最近になるまで医師たちが死因が癌であると診断することができなかったということを、ほかの医師から私たちは教わった。「何かほかの(診断名を)記入せよ。脳卒中とか、重症の心臓発作とか、慢性心疾患だとか、基本的に、そうした付随する病因である何かを記入せよ。しかし、死因として癌であることを記入することだけは、けっして許されなかった。」


The camera returns to Dr. Kosenko at FIB, where we see her in a room with thousands of files.She explains that even at FIT they were not allowed to write "radiation sickness" on the patients' charts: "We were given instructions to indicate it with initials, and the three letters were ABC.Wherever we see that abbreviation... all of us who work here knew that it was radiation sickness."

カメラはFIBのコセンコ医師のもとに戻った。そこで彼女はたくさんのファイルのある部屋にいた。彼女はFIB内でさえ、当局は患者たちのカルテに「放射能による病気」と記入することを許可しなかったと説明した。「われわれは、イニシャルでそれ(放射能による病気)を示すよう指導された。そして、その3文字とは、ABCだった。どこでもそんな省略形を見たなら、ここで働くわれわれはみな、それが放射能による病気であると知っていた。」


When I left the region in March of 1992, I promised the friends I had made to return soon.When the next summer comes, I am once again on the train to Chelyabinsk.My camera revisits the people in the contaminated areas.I meet kids fishing on the Techa River, where my Geiger counter shows that the fish they've just caught contains twenty times the normal radiation."We eat these fish," they tell me, and add sarcastically, "It's like they say, 'you can't infect the infected'."

1992年3月に私がその地域を離れるとき、私は友人たちにまもなく帰ってくると約束した。次の夏がきて、ふたたび私は、チェリャビンスクに向かう列車に乗っていた。放射能汚染された地域の人々を、私のカメラは再訪した。テチャ川で釣りをしている子供たちに出会った。そこで子供たちが捕まえたばかりの魚に、私のガイガーカウンターは通常の20倍の値の放射能が含まれることを示した。「僕らはこの魚を食べるよ」と子供たちは言い、「すでに感染したものを感染させられない、ってこの魚が言っているようなんだ」と皮肉たっぷりにつけ加えた。


The camera then travels to the village of Tishma, which was rebuilt several kilometers from the contaminated Techa in the late 1950s.Anisa Nineeva explains that the village's problems have not been solved: "Only eight kilometers from us there's a radioactive waste containment facility...[the trucks that carry the radioactive waste] come right through our village... And right alongside [the Techa River] is our collective farm... That means we cut our hay there, drink that milk."

カメラは、それからティシマ村に行った。ティシマ村は放射能汚染されたテチャ川から数キロメーター離れたところに1950年代末に再建された。アニサ・ニネーヴァは、村の問題は解決されてはいないと説明した。「私たちの住むところから、わずか8キロメーターのところに放射性廃棄物の貯蔵施設がある・・【放射性廃棄物を運ぶトラックが】まっすぐ私たちの村を突っ切る。・・そして、ちょうど【テチャ川】沿いの川岸は、私たちの集団農場です。・・つまり、そこで私たちは干し草を刈り、それ(を餌にした牛の)ミルクを飲むということです。」


We go with Anisa to see her grazing land and Anisa is shocked to tears when our Geiger counter's needle repeatedly goes off the scale, showing forty times the normal background radiation."This is terrible news for me.What should I do now?This is where half the village has been cutting hay since 1956."

私たちはアニサと一緒に、家畜に草を食ませる土地を見に行った。ガイガーカウンターの針がくりかえし目盛を振り切れるのを見て、アニサは衝撃のあまり涙を浮かべた。放射線量は通常の40倍を示していた。「これは私には恐ろしいニュースです。いま、どうすればいいの? ここは、村の半分(の住民)が1956年から干し草を刈ってきた場所です。」


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は高知城公園/げき撮影》

|

« チェリャビンスク 1 | トップページ | チェリャビンスク 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7231472

この記事へのトラックバック一覧です: チェリャビンスク 2:

« チェリャビンスク 1 | トップページ | チェリャビンスク 3 »