« 地震列島に原発はいらない!! | トップページ | ヨウ素133が洩れたということは »

2007年7月17日 (火)

洩れていた放射性物質

きのうの中越沖地震「想定外」の揺れで緊急停止した柏崎刈羽原発では、使用済燃料プールの水あふれ出した(原子炉建屋内部が放射性物質で汚染された状態/首相の視察は建屋までは入らなかった)ばかりか、大気中へ放射性ヨウ素やクロム51、コバルト60など放射性物質が洩れ出ていたことがわかりました。
時事通信:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070717-00000126-jij-soci
東電発表:
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu07_j/images/070717a.pdf
「東電発表」をダウンロード

これまでの情報を参考のために。
東電地震観測記録:
http://www.tepco.co.jp/cc/press/07071603-j.html
原発敷地内に走る亀裂:
http://www.m-kondo.jp/
ロイター通信:
http://www.climateark.org/shared/reader/welcome.aspx?linkid=80194

Muroto1_1排気筒から放射性物質検出=廃棄物棟ではドラム缶倒れる−油漏れも・柏崎刈羽原発

 東京電力から17日、新潟県柏崎市災害対策本部に入った連絡によると、柏崎刈羽原発7号機の主排気筒からヨウ素131、同133、クロム51、コバルト60の放射性物質が検出された。地上の濃度は法令限度以下という。東電は原因を調べている。
 また、地震の影響で同原発の固体廃棄物棟内のドラム缶約100本が転倒。うち2、3本のふたが開いていた。内容物や放射能の汚染状況は不明。一方、同2号機では、原子炉給水ポンプのタービン用の油約800リットルが漏えいしたのも確認されたという。
(7月17日16時1分配信 時事通信より引用)

情報開示が遅いばかりか、「微量だから影響はない」という言い訳が、いつまで通用するのでしょうか。
微量被曝も晩発性障害となりうる」という報告があるし、大気中に放出された場合、生物が吸い込んで内部被曝の危険性があります。無責任な管理者をだまって許していていいのでしょうか!?


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は室戸/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 地震列島に原発はいらない!! | トップページ | ヨウ素133が洩れたということは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7182179

この記事へのトラックバック一覧です: 洩れていた放射性物質:

» 日本の原発は大丈夫なのか [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 中越沖地震が発生し、新潟、長野両県で大きな被害を出しました。大きな民家が倒壊 [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 06時25分

« 地震列島に原発はいらない!! | トップページ | ヨウ素133が洩れたということは »