« 原子力擁護側の事実誤認 | トップページ | 地震を侮ってはいけない »

2007年7月30日 (月)

被爆国の自覚政府に促す

長崎市長は、8月9日を前に,平和宣言の骨子を明らかにしました。
http://www.nhk.or.jp/news/2007/07/30/d20070730000153.html
世界で最初の被爆国の住民である自覚を、原子力に依存したエネルギー政策阻止の運動につないでいきたいものです。参議院選結果をうけた今夜の政党代表者による討論では、福島社民党党首が「危ない原発を見直す」という発言、田中新党日本代表が「モラルハザードは、年金だけではなく、原発問題にも」と発言していました。国民のいのちと幸福を護るはずの政治に、喫緊の課題として原発震災を防ぐ視座を共有していただきたいですね。

Kochijokoen52_8田上長崎市長は、▽久間前防衛大臣が長崎への原爆投下について「しょうがない」と発言したことや、▽政府と与党の幹部から核武装に関する議論を容認する発言が相次いだことを受けて、「政府の核兵器廃絶への考え方が揺らいでいるのではないか」と指摘。そのうえで、ことしの平和宣言のなかでは、政府の姿勢に危機感を示したうえで、政府に対して被爆国としての自覚を強く促す考えを明らかにしました。
さらに、核兵器の使用が正当化できないことを、日本政府が世界に訴えるよう求めるということです。田上市長は「体や心の痛みをこらえて被爆の実態を伝え続けてきた被爆者の思いを受け継ぎ、長崎市民の代表として政府に訴えたい」と話しています。
(NHKニュースより)


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は高知城公園/げき撮影》

|

« 原子力擁護側の事実誤認 | トップページ | 地震を侮ってはいけない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7332533

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆国の自覚政府に促す:

« 原子力擁護側の事実誤認 | トップページ | 地震を侮ってはいけない »