« ドイツの原発火災続報2 | トップページ | 地震列島に原発はいらない!! »

2007年7月15日 (日)

原子力発電は海あたため装置

たんぽぽ舎@東京から、もうひとつの新しいパンフレット『地球温暖化問題の本質』が届いていました。小出裕章さん/京都大学原子炉実験所のお話をまとめたものです。
たんぽぽ舎は、
http://www.jcan.net/tanpoposya/hyoushi.htm

Nakatosa「原子力は、地球温暖化が問題になる今、重要な選択肢のひとつ」などとおっしゃる方もいますので、「原子力発電は海をあたためる装置だ」という説を、抜粋してご紹介しましょう。

 この国が言っているように、二酸化炭素が地球温暖化の原因だとするならば、原子力など決してやってはいけないのです。自分たちが産みだした放射能のごみを、ちゃんとお守りしようとするならば、原子力をすればするだけ、二酸化炭素を際限なく放出することになってしまう。
 しかし、本質的な問題は、エネルギーを使うことにこそ、一番の根本問題があります。
 たとえば、100万kwhの原子力発電所は、原子炉の中では300万kwhの熱(エネルギー)を作っています。その1/3を電気に変えていますが、のこり2/3、つまり200万kwhは海に棄てているのです。原子力発電の正体は、海をあたためる装置だったのです。

つくった熱エネルギーの2/3を海に棄てるなどという馬鹿馬鹿しい非効率と環境破壊を続ける原子力発電を、それでも、あなたは黙って見過ごせますか?


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は中土佐の火祭り/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« ドイツの原発火災続報2 | トップページ | 地震列島に原発はいらない!! »

コメント

たけちゃん、
質問の意図が理解できません。

原発は、核分裂により発生する膨大なエネルギーを効率的に活用し得ず、その2/3を温廃水として海洋投棄したり、高圧電線をめぐらして電力の70%をロスしたり・・エネルギー効率が悪すぎます。
昼夜を区別して発生エネルギーを制御できず、夜間電力が無駄になっています。オール電化住宅や、充電式電気自動車などは、夜間電力のアリバイづくりでしょうが、電力浪費を強いて、この国のエネルギーの需給状況をゆがめる大量発電方式であることは間違いないでしょう。

投稿: げき | 2008年6月16日 (月) 22時36分

げきさんのコメントへ
げきさんは、原子力発電のエネルギー消費面を一生懸命かかれておりますが、発生するエネルギーについていっさいふれておりません。片手落ちだと思います。
消費するエネルギー、発生するエネルギーを提示して判断を求めるようにするのが適切な方法と思います。
コメントされた学生さんもディベートを行うために勉強されているのだから、片手落ちの情報提供ではなく、きっちりとしたデータを提供された方がよいと思います。

たけちゃん

投稿: たけちゃん | 2008年6月16日 (月) 11時40分

とある学生さん、コメントありがとう。

東京電力や電気事業連合会など原子力推進側は、以前「原子力は二酸化炭素を出さない」と強調していましたが、最近は「原子力は発電過程で二酸化炭素をださない」と変わっています。

原子力発電の全体像をとらえてみましょう。ウラン鉱山での採掘から、製錬、濃縮・加工、原子炉建造、使用済核燃料の処分という過程を通して、膨大なセメントや鉄など資材やエネルギー資源、運搬エネルギーを消費し、二酸化炭素を大量に発生しています。

日本列島の場合、不便な海岸線に立ち並んだ原子炉55基を建造し、管理補修し、核燃料を運び込み、使用済核燃料は青森県六ケ所村まで特別仕様の大型運搬車で運び出しています。さらに、再処理後に発生する100万年放射能が減衰しない高レベル放射性廃棄物を地層処分(500メートルの穴を掘って50年がかりで埋める)するとなると、いったいどれだけ大掛かりなエネルギー資源を二酸化炭素に変えることになるのでしょう・・・

原子力はエネルギーの地産地消ではないので、"フード・マイレージ"のように、運搬すべき材料の重量と距離をかけあわせてみれば、最もエネルギー効率が悪い発電方法であることが分かるでしょう。

投稿: げき | 2008年5月14日 (水) 18時06分

私は学生です。
今回、原子力発電に関連するディベートに使用する資料を集めるために、このブログを拝見させて頂きました。
2007年7月15日 (日)の記事の内容に関して、疑問点がありました。
文章中、中ほどで「原子力をすればするだけ、二酸化炭素を際限なく放出することになってしまう。」とありますが、なぜ、原子力を利用することで二酸化炭素が際限なく放出されるのでしょうか?
化石燃料を使った発電よりも原子力発電は、二酸化炭素の排出量が少ないと、東京電力や電気事業連合会などのサイトには載っていました。
ちょっと不思議に思ったので、コメントしていきます・・・

投稿: とある学生 | 2008年5月14日 (水) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/7149908

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電は海あたため装置:

» バイオエタノールを凌ぐ完全燃焼促進剤 ムービングパワー [バイオエタノールを凌ぐ完全燃焼促進剤 ムービングパワー]
はじめまして。 現在、世界的な地球温暖化とCO2削減が叫ばれています。それらを抜本的に解決する商品である完全燃焼促進剤『ムービングパワー』を紹介しております。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 22時02分

« ドイツの原発火災続報2 | トップページ | 地震列島に原発はいらない!! »