« プレカリアートの叫び | トップページ | 原子力政策の民主的運営 »

2007年6月27日 (水)

文化遺跡と景観権

Kochijokoen52_5高知城北側の城郭遺跡に9階建てマンションが建設されるのを止めるためには、高知市(最終判断者は市長)が国に史跡指定を申し出るしかありません。
きょうは、友人とともに、高知市議会経済文教委員会に出席しました。彼女が、幼いころから見守ってきた高知城周辺の変化、文化遺産を無計画につぶしてきた経緯を憂う訴えを、胸をふさがれる思いで聴きました。
この運動は、高知市民の、文化遺産を護りたいという誇りをかけた闘いであり、現実的には高知のシンボル高知城を遮る、県外資本によるでかいマンションはいらん! という市民の景観権の問題だと思います。

きょうの委員会では、採択5、不採択5の同数で、中野城久委員長(すてきなお名前です/公明党)の判断で不採択となりました。
こういう場合、本会議で審議されるそうです。日程的には、6月29日(金)午後1時以降になりそうだとのことです。
行方を見守りましょう!!


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は高知城公園/げき撮影》

|

« プレカリアートの叫び | トップページ | 原子力政策の民主的運営 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/6952271

この記事へのトラックバック一覧です: 文化遺跡と景観権:

« プレカリアートの叫び | トップページ | 原子力政策の民主的運営 »