« 原子力政策の民主的運営 | トップページ | 高知大学で討論会 »

2007年6月29日 (金)

東洋町の民主主義

けさの高知新聞は、沢山保太郎東洋町長の、法的にすじをとおした行政手腕を紹介しています。

Nami_20東洋町観光協会が町有地を駐車場として管理運営するなどしていた問題で、同町は28日までに、7月から町直営で管理することに決めた。
問題となっていたのは、生見海岸東側と町役場前の駐車場、生見、白浜両海岸のシャワー施設。それぞれ町有地などを町と観光協会が駐車場に整備し、同協会が管理。昨年度は同協会に駐車料金など1600万円余りの収入があった。
このほか、町が白浜海岸に整備した宿泊施設「自然休養村」とキャンプ場「青少年旅行村」についても、町が管理運営委託料を同協会に支払ってきた(昨年度は約240万円)。
これについて、沢山町長は「公有地で駐車料金などを徴収するのは法的根拠がない」と疑義を表明。同協会側は「協会が勝手な判断で収益を上げていたかのように言われるが、町との了解の下でやってきた」「収益は観光事業に充ててきた」と反発し、会長が今月25日に辞任している。
町は「駐車場などの設置管理条例がなかったのは町の責任」とし、町議会で条例を制定。駐車場やそのほかの施設も直営で管理することにした。取材に対し、沢山町長は「協会に対するこれまでの説明のなかで、どういう点が法令違反なのか納得してもらえるような説明が十分にできていなかった。この点はおわびしたい」と釈明した。
そのうえで、同協会との協力態勢を構築する方針を示し「(同協会が主催していた)7月の納涼祭に向け、町が呼びかけて実行委員会をつくる。寄付金集めにも協力したい」としている。
今後、同協会に対しては、事業ごとの補助金の申請があれば受け付ける。また、役場内にある協会事務局については、協会職員を町が臨時職員として雇用し事務をサポートする。
同協会の福沢良雄/新会長(75)は「規則に違反していた面があるかもしれないが、協会は町の補助金に頼らないよう懸命に取り組んできた。町長の発案でこれからは町民全体で観光事業を進めることになったので、協会としても観光振興につとめる」としている。
(6月29日付高知新聞朝刊地域面より)


沢山町長のブログには、民主主義のルールまもるとはどういうことか、丁寧に書かれています。
http://sawayama.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/news_letter_14.html#comment-19589630
http://sawayama.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/news_letter_15.html
全国で警察の捜査費に疑惑が深まるなか、
私たち市民も、行政に眼を向け、不正を見逃さないよう筋をとおしていくことが大切ですね。


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は大岐の浜/岡田充弘さん撮影》

|

« 原子力政策の民主的運営 | トップページ | 高知大学で討論会 »

コメント

健仁さん、ご質問ありがとうございます。
「高知県・核廃棄物拒否条例」請願署名運動は、①県民10万人、②県議過半数の賛同を目標に継続しています。
ご指摘の通り、第3次集約用署名用紙のアップロードが遅れており、お恥ずかしい限りです。
ただ、請願署名の場合、「請願書」(署名用紙をとりまとめ、県議会に提出するときの書式)の規定のみです。
いま、穴空き(2人とか3人とか、ご家族分などの記入だけで送っていただいた)のまま、県下各地から送付されてきた多数の第2次集約用署名用紙を使用して、穴埋めの署名運動を高知市内で展開中です。
第3次集約用署名用紙は、今週中にもアップロードいたしますね。

投稿: げき | 2007年7月 3日 (火) 07時17分

一つ質問がございます。
「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード
とありますが、
第2次集約締め切り:2007年5月31日(金)17時必着

のままです。
この用紙はもう使えないと思いますが、第三次集約はされるでしょうか

投稿: 健仁 | 2007年7月 3日 (火) 04時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/6970862

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋町の民主主義:

« 原子力政策の民主的運営 | トップページ | 高知大学で討論会 »