« 核開発に反対する会 | トップページ | プレカリアートの叫び »

2007年6月25日 (月)

東洋町住民投票条例可決

きょうの東洋町6月定例町議会最終日、澤山保太郎町長が19日に提案した、町の重要な問題については投票で町民に賛否を問う住民投票条例を可決成立しました。
http://geki1015.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_9ea7.html
全国に例のない、常設住民投票条例を可決成立した東洋町は、今年1月の「恥」を「誇り」へと昇華し、民主主義の制度を着実に創りあげています。おなじ県民として、胸のすく思いです。

Nami_19東洋町 住民投票条例可決
高レベル放射性廃棄物の処分場調査の問題に揺れた東洋町の議会は、25日、町の重要な問題について住民投票で直接、町民の賛否を問うことを定めた条例案を可決しました。
東洋町の6月定例町議会では、最終日の25日、沢山保太郎町長が提出した議案の採決などが行われました。
このうち町の重要な問題について住民投票で直接、町民に賛否を問うことを定める条例案が、賛成多数で可決されました。
この条例案は、前の町長が放射性廃棄物の処分場調査に独断で応募した経緯を踏まえて提案されたもので、有権者の半数以上が投票すれば住民投票が成立することや、その投票の結果を町長と町議会は、尊重しなくてはならないことなどが規定されています。
このほか、25日の町議会では、▼沢山町長の任期が終わる平成23年4月まで副町長を置かないことを定めた条例案や、▼一般会計の補正予算案などが原案通り可決されました。
一方、5人の定員が全て空席になっている町の教育委員に新たに4人を任命することに議会の同意を求めた議案は、3人については同意されましたが、1人については同意されませんでした。
(NHK高知放送局ニュースより)


高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は大岐の浜/岡田充弘さん撮影》

|

« 核開発に反対する会 | トップページ | プレカリアートの叫び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/6926055

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋町住民投票条例可決:

» 直接民主主義の予感 [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 東洋町長の沢山保太郎氏は19日開催された東洋町議会定例会にて「住民投票条例」を [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 08時02分

« 核開発に反対する会 | トップページ | プレカリアートの叫び »