« 忘れたいことを川柳に | トップページ | 文化遺産上にマンション »

2007年6月12日 (火)

中国残留日本人写真展

"中国残留孤児の故郷での生存権を保障するか否か"6月15日の高知地裁判決を前に、高知市市民図書館ロビーで、「中国残留日本人(高知県)写真・資料展/生き別れた人たちの軌跡」を開催中です。
「写真展チラシ」をダウンロード

Siminnotoshokan県内の残留孤児たちの幼少期からの写真を集めた「中国残留日本人(高知県)写真・資料展」が10日から始まった。16日(土)まで。
Zanryushasinten写真はアムネスティ高知が「孤児と婦人のたどった人生を知り、苦しい現状に関心を持ってもらいたい」と開催。県内の孤児ら14人が持ち寄った写真80枚のほか、地図など資料約20点を展示している。
旧満州(中国東北部)に渡る前に家族と撮った集合写真、取り残された中国で養父母らと納まった写真、数十年ぶりに帰国し、家族と泣きながら抱き合う写真。1枚1枚が言葉では言い尽くせない人生の瞬間、瞬間を物語っている。
(6月12日付高知新聞社会面より引用)

高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真上は写真・資料展/写真下は市民の図書館/げき撮影》

|

« 忘れたいことを川柳に | トップページ | 文化遺産上にマンション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/6756673

この記事へのトラックバック一覧です: 中国残留日本人写真展:

« 忘れたいことを川柳に | トップページ | 文化遺産上にマンション »