« 東洋町核物質拒否条例 | トップページ | 東洋町のあるもの探し »

2007年5月22日 (火)

『みえない雲』自主上映

きょう高知県立美術館で『みえない雲』を見てきました。
http://www.mienaikumo.jp/
http://blogs.yahoo.co.jp/isop18/48427381.html

Shimanto4_9■絵空事ではない極限状況の恐怖■
原作は、チェルノブイリ原発事故翌年の1987年に発表され、大きなセンセーションを巻き起こし、ドイツ青少年文学賞などを受賞したベストセラー小説。地球を汚染したチェルノブイリ原発事故から20年となる昨年3月に公開され、現在17基の原発が稼働中のドイツで、映画の評判と衝撃が瞬く間に広がったという。
大惨事そのものではなく、極限状況におかれた群衆の緊迫感と、少女から大人へと変貌していく主人公ハンナの心の軌跡が丁寧に描かれている。
現在55基の原発が稼働中の日本で、本作は"いま、ここにある恐怖"として多くの人々に強い衝撃と、あすへの希望を提起するだろう。
ドイツ映画/グレゴール・シュニッツラー監督/グードルン・ハウゼヴァング原作(小学館文庫刊)/103分
(『みえない雲』チラシより、一部改変転載)

映画の中では「南東の風が吹けば2時間で放射能がやってくる」「放射能の雲が来る前に逃げなくては」「原発の近くで必要なのは墓堀人と骨髄移植の専門家だけだ」「ばかな政治家どもめ」・・と、チェルノブイリ事故を体験したドイツ人、それもギムナジウムの若者たちに、いかに詳細な情報に基づいて議論させているか、驚きます。
伊方原発の風下/高知県でも、もっと高校生大学生ら若者諸君に、ぜひ見てもらいたいと痛感しました。

今回も主催者のご協力を得て、会場ロビーで県条例請願署名運動をいたしました。
「(東洋町核物質拒否条例のように)原発を止める条例にせんかえ」「放射能のごみを出させんようにせないかんろう」というご意見をいただき、心強い限りでした。
みなさん、ありがとうございました。

高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は四万十川/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 東洋町核物質拒否条例 | トップページ | 東洋町のあるもの探し »

コメント

イソップさん、コメントありがとうございました。
ブログ拝見、もうDVDになったのですね。
コメントできないので、トラックバックかけました。

投稿: げき | 2007年6月28日 (木) 10時26分

原発は少しでも早く廃止して欲しいですね。
記事をトラックバックしようとしましたが、出来ませんでしたので、こちらにアドレスを書いておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/isop18/48427381.html

投稿: イソップ | 2007年6月28日 (木) 08時46分

文三さん、いらしてたのですね。
私は教室を終えて、仲間のめいさんと17:20の回を見て、映画の前後に署名を呼びかけました。
映画は、原発事故による被曝の危険性を視覚的に見せるという点では、ほんの"さわり"だったかもしれないけれど、群衆のパニック状態を描ききった点を私はとても評価します。危機に直面したとき、個人が、群衆が、どう変貌するか。集団催眠を経験した民族だけに、この観点からの問題提起が大きかったと思います。
危機を回避するために、私たち日本人の論議を、起こさなくては!!

投稿: げき | 2007年5月24日 (木) 00時38分

 私も1:20のを観ました。恋愛映画の背景に、原発事故が流れている、教育劇映画のような印象を受けました。弟の交通事故の場面を除けば、残酷シーンはなく、やや食いたりない映画でした。しかし、キャスティングはバッチリでしたね。

 『東洋町日誌』に関して、安易に手を入れすぎる「JanJan」編集部と葛藤があります。私の名前で、おかしな記事が、今後公表されることがあるかもしれませんが、私は筆者として、元に戻すよう再三再四抗議していること、ご理解ください。

投稿: 文三 | 2007年5月23日 (水) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/6516587

この記事へのトラックバック一覧です: 『みえない雲』自主上映:

« 東洋町核物質拒否条例 | トップページ | 東洋町のあるもの探し »