« 高知市民劇場のみなさん | トップページ | 鬼北町との合併を選択 »

2007年5月27日 (日)

後ろの正面だあれ

今夜、アジア食堂「歩屋」で、中島恵樹さんのライブがありました。恵樹さんには高知県の反核運動をずっとご支援いただいています。
http://keibo4.hp.infoseek.co.jp/KouchiOcean.html
http://keibo4.hp.infoseek.co.jp/Pengin.html
http://keibo4.hp.infoseek.co.jp/NoNuclear.htm

Hoya21初めてお会いでき、感謝の気持ちをお伝えしました。
Hoya41恵樹さんは、アジアに軸足をおき、20年間タイのバンコクを拠点に、音楽活動を展開してこられました。
Hoya1実際にお会いして、想像したとおり、汎アジア的な自然環境に深く共鳴していく感性とインスピレーションの人だ、という印象を受けました。

Keijusan1ライブは、徳島県神山町を謳った"MOUNTAIN PEOPLE"に始まり、津波で有名になったプーケット島の高級ホテルより100倍も素晴らしいラオスのバンビェンの自然を謳った曲、
2001年の9・11の背後にある真相を告発する"後ろの正面だあれ"・・と続きました。

Keijusanrausanトークが軽妙で「(自然)環境は、気づかないうちに変わっちゃう」「21世紀は素晴らしい時代になると期待したのに・・、自動的に流れてる情報だけではダメですよ」
「宇宙人とチャネリングした人から聞いたけれど、『地球人の間違いは、ありえない"絶対値1"を信じる数学を基礎にしたこと。原子力も計算どおりにいくはずがない。宇宙人は侵略ではなく、地球人を救おうとしている』」・・・と、じつに興味深いお話でした。この時代
宇宙から地球上のようすを眺めてみることも必要ですね。
最後は主催者"山元らうさん"との共演もあり、会場に集った30名近いみなさんもコーラスと手拍子で盛り上がりました。

高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は黄砂舞う黄昏に佇むアジア食堂「歩屋」とライブの模様/げき撮影》

|

« 高知市民劇場のみなさん | トップページ | 鬼北町との合併を選択 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/6574715

この記事へのトラックバック一覧です: 後ろの正面だあれ:

« 高知市民劇場のみなさん | トップページ | 鬼北町との合併を選択 »