« 原環機構事業計画を変更 | トップページ | 甘利経産相は更迭せよ »

2007年4月26日 (木)

応募の白紙撤回なる!!

沢山保太郎東洋町長の『応募取下げ』文書の提出に伴い、原環機構は事業計画変更の認可申請を行っていたが、4月26日付で経済産業大臣から認可されました。
東洋町の核のごみ捨て場騒動は、きょう白紙撤回されました!!
http://news.fresheye.com/article/fenwnews2/1100001/20070426122939_ky_ts052/index.html
http://www.asahi.com/national/update/0426/TKY200704260213.html
Sawayamafdoi01全国的に注目された「核廃問題」は、事務手続きの上で決着した。出直し町長選挙で「核廃反対」を掲げた沢山氏が田嶋氏に大差をつけて当選。町民は文献調査を拒否する意思を示した。
沢山保太郎町長の話 第一の任務を達成できた。迅速な決着がついてよかったと思う。前町長による応募を強引に受理した国側の手法は、民主主義の手続きから遠く離れている。今後、東洋町のような事態が再び起こらないよう問題点を総括してほしい。(4月26日付高知新聞夕刊より引用)
橋本大二郎高知県知事の話 国は(核廃棄物の処理をはじめとする原子力政策を)民主的で透明な手続きに変えるべきだ。
東洋町議会全員協議会は26日開催され、沢山町長から「これからは団結して町のために力を尽くそう」との呼びかけがあったが、町議だけの非公開の席では大声が飛び交い、対立のしこりが残っているようだった。
5月中旬には臨時議会を開催、一度廃案になった「東洋町・核廃棄物持込禁止条例」が制定される見通し。(夕方のTBS系「テレビ高知」ローカルニュースより)

高知県民をなめたらいかんぜ!!
みなさんの意志表示で核廃棄物拒否条例を制定しようではありませんか。六ヶ所村での再処理を止め、伊方のプルサーマルを止めるためにも。「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は沢山さんの応援演説をするふぁーまー土居さん/成川順さん撮影》

|

« 原環機構事業計画を変更 | トップページ | 甘利経産相は更迭せよ »

コメント

 本当におめでとうございます。
高知県は津野町も東洋町も大きな運動のうねりで、最初の3分で火事になる前のぼやを消し止めましたねー。

投稿: 伊方No Plu田丸 | 2007年4月28日 (土) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/6218506

この記事へのトラックバック一覧です: 応募の白紙撤回なる!!:

« 原環機構事業計画を変更 | トップページ | 甘利経産相は更迭せよ »