« "食い逃げ"できるのか? | トップページ | 新しい会議室を開設 »

2007年3月12日 (月)

核廃拒否なら原発廃止を

けさの高知新聞投書欄には、17歳の高校生から「核廃拒否主張なら原発廃止も同時に」との意見が掲載されました。嬉しいですね、高知県には世相をとらえ、訴える力のある若者がいるのです!!
若者の投書内容の要点をご紹介しましょう。

ShimantoIAEAの策定した国際条約によれば、放射性物質は発生した国内において処分すべきだと確認されている。
今回の問題で反対派の意見には南海地震と関連させて危険性に言及しているケースが多いが、それを理由に「核廃施設は他の地域にというのならおかしい。他のいかなる地域といえども、危険性を完全に払拭するのは不可能だからである。
「危険性があるから自分たちのところには持ってくるな」とだけしか主張していない反対派というのは"地域エゴイズム"に陥っていると思える。
これは何も東洋町に限らず、この種の問題において反対論を唱える多くの人に言えることである。この"エゴイズム"から抜け出すためには、反対派は「原発の廃止」も同時に主張しなければならない。「核のごみ」を拒否するのであれば、それが当然と僕には思える。


《写真は四万十/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« "食い逃げ"できるのか? | トップページ | 新しい会議室を開設 »

コメント

自民党・河野洋平の子息”河野太郎”氏のブログより

核燃料サイクルは破綻している
http://www.taro.org/activities/saishori2.htm

※与党は基本的に遠慮したいのだが…(^_^;

投稿: モルダー龍馬 | 2007年3月12日 (月) 23時16分

 私も感心しました。論理明快で、文体もしっかりしています。将来が楽しみな若者ですね。
 ただ、みんながしっかりと地域エゴを発揮すれば、核のゴミは行き所を失い、原発はやりダメだわ、サイクルが成り立たないわ、ということになります。
 地域エゴもその先の展望があれば、地域エゴでなくなるのではないでしょうか。

投稿: 文三 | 2007年3月12日 (月) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/5661785

この記事へのトラックバック一覧です: 核廃拒否なら原発廃止を:

« "食い逃げ"できるのか? | トップページ | 新しい会議室を開設 »