« 国は東洋町で進めたい | トップページ | 公開質問状の回答結果 »

2007年3月23日 (金)

原子力発電をやめるべき

原子力発電をやめるべき理由が、原子力産業の身勝手な隠蔽体質や事故を教訓としない無責任体質として、つぎつぎと明らかになっています。
左リンク《報道チェック》から「原子力/Yahoo」を、《原子力全般》から「全てのBWR原発の運転を即刻停止せよ」をごらんください。

Shimanto6_1北陸電力志賀原発の15分間臨界事故が8年前、これを教訓としてただちに対策を講じていたら・・と悔やまれていたのも束の間、こんどは29年も昔に東京電力福島原発で7時間半にわたって臨界事故があったことが判明しました。
言語道断どころか、もう糾弾する言葉をも見失ってしまいます。
これほど危険な原子力産業の行状を、この社会はこのまま放置するのでしょうか。
私たちは、原子力発電の大量発電の危険性に知らん顔で湯水のごとく電気を使い続けることを、いいかげんに止めなくてはいけないと考えています。
「高知県・核廃棄物拒否条例請願署名用紙」をダウンロード


《写真は四万十/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 国は東洋町で進めたい | トップページ | 公開質問状の回答結果 »

コメント

核廃棄物、、現在の技術を持ってしても何とかならないものでしょうかね?

「原発反対なら電気を使うな」と短絡的な発言をする輩がいますが、地元に核廃棄物の処理場が来ても同じ事言えるのかな?

風力・太陽光・地熱・小型水力などの自然エネルギーによる代替を訴えると、自然景観を損ねる、電力の安定供給ができないという輩もいますが、そのまま商用化を狙うから駄目なだけで、燃料電池の原料(水素と酸素)を生成する為の発電ならどうでしょうか?現在の40%の電力を賄うのは夢・戯言でしょうか?

現在、即CO2削減可能な手段として原発がEUでも再開発されているようですが、このままで良いのでしょうか?数十年後、事故等で放射能が漏れない確率は?

投稿: おいらは、ちびのり | 2007年4月10日 (火) 12時28分

たまたま立ち寄った東奥日報のサイト、
拾い読みでの紹介で申し訳ないですが、
http://www.toonippo.co.jp/kikaku/kakunen/new_index.html
核燃事業推進事項満載

国際熱核融合実験炉(ITER)
技術的課題は多いが、燃料の水素が無尽蔵にあることから、核融合は夢のエネルギー源として期待されている。
なんてのもありました。

いろんな事が莫大なお金を使って勢いよく進んでるみたい。

はたしてこれらをいったいどうやって止めましょうか。

投稿: 室戸人 | 2007年3月24日 (土) 00時20分

どこどこ?左リンクから
ヤフーに行って探したけどリンク見つからず!…

消されちゃった!?

よかったら、直リンクを貼って下さい!

投稿: モルダー龍馬 | 2007年3月23日 (金) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/5787544

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電をやめるべき:

» 高レベル放射性廃棄物処分問題での地震学者の発言 [ペガサス・ブログ版]
高知県東洋町の町長が高レベル放射性廃棄物の最終処分場に独断応募しましたが、その問題で毎日新聞に重要な記事を見つけました。神戸大学都市安全研究センター教授・石橋克彦氏の発言です。 日本中至る所に活断層*や火山があることを考えると、東洋町の件に限らない、原発そのものを続けていいのかという深刻な問題が突きつけられているように思われます。  * 活断層のデータ:http://www.e-pisco.jp/equake/fault/fault.html 著者、石橋克彦氏の了解を得て以下に記事を転載します... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 21時59分

» 原発推進の「高知新聞」プロパガンダ広告 [土佐高知の雑記帳]
きょう3月24日付け「高知新聞」の20面をみただろうか?全面広告である。題して「原子力発電の展望」として、松山市でひらかれた同名シンポジウムの内容紹介である。進行役は木場弘子(元TBSキャスターで千葉大学特命教... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 13時08分

« 国は東洋町で進めたい | トップページ | 公開質問状の回答結果 »