« 町長リコールに向けて | トップページ | 核廃文献調査「自主・民主・公開」と言えるのか »

2007年3月31日 (土)

東洋町と津野町

東洋町では4月29日に行なうはずだった白浜祭が、高レベル放射性廃棄物処分場問題で中止になりました。一方、津野町では、20基の風車を一望する「風の里公園」が
4月1日から一般に開放されることになりました。

Sukumo_1安芸郡東洋町甲浦の白浜地区で300年以上の歴史がある五社神社(小野正路宮司)大祭が、今年は中止されることになった。「高レベル放射性廃棄物最終処分施設問題で町内が二分されており、混乱を避けるための措置」と神社関係者。町民からは「町の風物詩の中止は寂しい」「やむを得ない」などの声が上がっている。
大祭は、神社が創建された江戸時代から毎春行われている。ご神体が入ったみこしを男衆が担いで地区内を練り歩き、同神社前でみこしとだんじりが激しくぶつかり合う“けんか祭り”としても広く知られている。
同町では1月、田嶋裕起町長が最終処分施設候補地に応募。反対派の住民らによる町長の解職請求(リコール)運動が起きるなど、混乱が続いている。こうした状況を受け氏子らが協議。「近隣市町村を騒がせている中、町内で祭りをしていいものか」「祭りの時はアルコールも入るし、けんかが起きる可能性もある」などの意見が出たため、4月29日に予定していた祭りを中止することに決めた。(3月28日付高知新聞朝刊)


《写真は宿毛/中島健蔵さん撮影》
写真は【禁転載】でお願いいたします。

|

« 町長リコールに向けて | トップページ | 核廃文献調査「自主・民主・公開」と言えるのか »

コメント

昨日から用事があり、久しぶりに東洋町に行きました。町は一見静かに見えますが、しかし町民の皆さんは不安でいっぱいな雰囲気が感じ取れます。その原因である田嶋町長の家は生活感が無いほどひっそりと。。。 そんな堂々と生活できないのならば応募なんかするな!町がこんな状態になっている事に、あなたは本当に責任が取れるのか?

投稿: ジャイアント-パパ | 2007年4月 1日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/5922643

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋町と津野町:

» 高レベル放射性廃棄物最終処分場選定で東洋町長再選挙 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「高レベル放射性廃棄物最終処分場選定で東洋町長再選挙」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =200... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 13時44分

« 町長リコールに向けて | トップページ | 核廃文献調査「自主・民主・公開」と言えるのか »