« 衆議院での質疑 | トップページ | 文献調査は禍根残す »

2007年3月 4日 (日)

東洋町から感謝状

東洋町が高レベル放射性廃棄物最終処分場に応募することに反対の請願署名運動の、第4次集約結果と感謝のメールが届きました。応募反対の声は、町内外4万人を超えたそうです。
ご署名いただいたみなさん、ご支援いただいたみなさん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。

Naminori_1高知県東洋町の高レベル放射性廃棄物処分場誘致の反対署名に
ご協力いただきました皆様へ
本日、「東洋町を考える会」が取り組んだ町内・外の議会議長宛請願書(紹介議員5名)、「生見海岸を愛する有志」で集めた議会議長宛陳情書の「第四次集約分」を提出してきました。町内・高知県内はもとより、全国各地からたくさんのご協力・ご支援・応援のお手紙に心から感謝いたします。
署名数は本日2007年3月4日の累計で、町内 2201名 /町外 35214名/サーファー 6113名、 合計 43528名にという予想をかなり上回る署名数となりましたが、町長は2007年1月25日、町民の声も議会も無視して独断で応募してしまいました。ですが、大好きな町の未来と自然のために、これから生まれてくる子供たちのために、諦めずに皆で頑張って町長に声を届け続けたいと思います。メールで簡単ではございますが、ご協力・ご署名いただきました皆様へ、お礼と報告とさせていただきます。本当にありがとうございました。  「東洋町を考える会」「生見海岸を愛する有志」 


《写真は大岐の浜/写真は岡田充弘さん撮影》

|

« 衆議院での質疑 | トップページ | 文献調査は禍根残す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 衆議院での質疑 | トップページ | 文献調査は禍根残す »