« 新しい会議室を開設 | トップページ | 町長に再度辞職勧告 »

2007年3月13日 (火)

交付金の原資

高レベル放射性廃棄物の最終処分場候補地として応募した東洋町での文献調査が認可されたとき、東洋町と周辺自治体に交付される交付金は、文献調査段階2年間で最大4.2億円だったのを、新年度から最大20億円に引き上げられます。

Hharisennbonnjpg_3でも、この交付金の原資は、私たち一般庶民が支払っている「世界一高額な電気料金」と「税金」です。

1000kwhの電力量を消費すると、自動的に400円が「電源開発促進税」として支払われるしくみになっていますから、月500kwhの電力量を消費する家庭では、年間2400円を「電源開発促進税」のために支払っていることになります。
電力会社は、徴収した電力料金から、この分を「拠出金」として原環機構(正確には「原子力環境整備促進・資金管理センター」)に支払っています。その額は、05年度で661億円、国民ひとりあたり平均600円ほど支払った計算になります。

電気を使えば使うほど、独占企業である電力会社ばかりか、原環機構の事業に貢献してしまうしくみになっているのです。
ですから、わが家ではテレビをつけっぱなしで部屋を出ようものなら、「四電に貢献しゆうかね」と言います。


《写真はハリセンボン/岡田充弘さん撮影》

|

« 新しい会議室を開設 | トップページ | 町長に再度辞職勧告 »

コメント

外京様

ほんっとうに、おつかれさまです。
以前、メールで激励を送った寺町と申します。
いよいよ公開質問開始ですね。

私も、高速増殖炉「もんじゅ」の再稼働に関する公開質問を、
15日から開始します。
大学を卒業してからそう何年もたってない三人ほどが実働している私たちは、外京さんたちのように、ものすごいノウハウがあるわけではありませんが、素人なりに、頑張ります。

クビが回らないくらい忙しいでしょうが、
私たちのブログもぜひ覗いて下さい。

頑張りましょう。

寺町拝

投稿: 寺町歩 | 2007年3月13日 (火) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/172452/5677696

この記事へのトラックバック一覧です: 交付金の原資:

« 新しい会議室を開設 | トップページ | 町長に再度辞職勧告 »